挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

MIRARGOの採用情報をみる

「正直、最初はあまり魅力を感じませんでした」

これは、上場企業のCOO/経営戦略室室長として活躍していた谷口翔太郎が、ミラルゴを知った時の率直な感想だ。

「コーポレートサイトを見たら、スタートアップの経営支援をやっているのは分かりましたが、具体的なイメージが湧かなかったんです」

ところが、代表の小寺規晶と話をしてそのビジネススキームを理解した谷口は、その時点から“虜”になったと明かす。

「参画した人間が言うと説得力がないかもしれませんが、本当に秀逸なスキームで最高だと心の底から思っています。探し求めていたものがここにありました」

COO時代はスタートアップ投資にも携わり、多種多様なビジネススキームに接してきた谷口。にもかかわらず、心は激しく揺り動かされた。何が、彼を。

経営人材としてのバリューを高めるために


谷口は、何を探し求めてきたのか。

キャリアのスタート時点では、「経営者への憧れ」があった。経営者目線に近づきたいと考え、新卒で大和証券に入社する。高いモチベーションが奏功したのか、メキメキと頭角を現して多くの経営者から信頼を集める。やがて、自分もそちら側に行きたいと考えるようになった。

「起業しようとも思いましたが、証券会社しか経験がないことが不安要素でした。経営をきちんと学びたいと考えていた時に、ラクサス・テクノロジーズに出会いました」

同社はブランドバックのシェアリング&サブスクリプションサービスをローンチして急成長を遂げていたタイミング。スタートアップの成長フェーズに参画できるチャンスは、起業を志す谷口にとって魅力的だった。

「それに、『いくら好成績を上げていても、大企業を構成する一人だから』という意識がどこかにありました。谷口翔太郎としてのバリューを高めたいと考えていたので、ありがたくお話を受けました」

そこでの経験を通じて、顧客インサイトをどう深堀りしてプロダクトに反映させるか。

そんな希少価値が高い人材となった谷口を他企業が見逃すはずはない。マーケティング・ブランディング事業で業績を伸ばし、上場を目前に控えていたエードット(現在の社名はBirdman)から声が掛かる。

「新規事業の開発や投資事業の拡充を中心に、経営層の一人として全体を見てほしいという話でした。上場前後の成長曲線を描いていくチャレンジはめったにできませんから、非常に面白そうだと思いました」

CxOになって見た景色は、「孤独」だった


もちろん、気楽に考えてはいなかった。シビアに臨んでいたつもりだった。それでも、スタートアップの経営は予想以上に過酷だと、谷口は身に染みて感じた。

「経営陣、とりわけ創業者の覚悟は相当なものがあります。私もそういう覚悟で取り組んでいましたが、大げさではなく人生を賭けたチャレンジです。まず、自社のサービスやプロダクトが『社会に絶対必要なものだ』と信じ抜き、全てを賭けなくてはなりません。

自分だけでなく、家族の人生も巻き込むことになります。順調な時はいいのですが、必ず訪れる停滞期には凄まじい批判にさらされたり、信頼していた人材が離れていったりといった苦悩を経験せざるを得ません」

MIRARGOの求人・採用情報を掲載しています

加えて、やるべきことはいくらでもある。思い描く未来へ一直線に突き進みたくとも、日々のタスクに追われてうまくいかない。結果、“スーパーマン”になることが求められる。

「問題は、経営者として仕事を任せられる人材、相談できる人材を確保できないところにあります。そういった経営プロ人材と呼ばれる人材は、どこでも高い評価を受けていますが、そういう人たちに来てもらえるほどの報酬を用意できるスタートアップはほとんどないでしょう。結果的に、スタートアップの経営陣は『孤独』を味わうことになります」

谷口も、30代半ばに差し掛かった今、スタートアップへの転職は決断できないかもしれないという。

「最初の転職はまだ20代でしたから、挑戦を優先できました。でも、正直なところ年収は相当落としましたので、今、同じ決断ができる自信はありません。抱えるものが多くなる30代半ばから40代の方にとっては、やはりハードルが高いと思います」

経営プロ人材として脂が乗ってきたのに、チャレンジはしづらくなる。収入だけの問題ではなく、キャリアを考える上でも、スタートアップはリスク要因になるという。

「うまくいかなかった」場合に救済する仕組みがないばかりか、その人材の市場価値を落とす恐れもあるからだ。スタートアップと経営プロ人材が相思相愛であっても、マッチングが成立しにくいのは、こうした背景があるからだといえよう。

心理的にも収入面でも安定する、独自のビジネススキーム


スタートアップが抱える課題と、経営プロ人材のジレンマ。この双方を解決するのが、ミラルゴのビジネススキームだった。谷口は、このスキームには以下の三つの特長があるという。

1.外形的な支援ではなく、スタートアップの内部に参画して経営に取り組める
2.経営プロ人材が集結し、支援先の経営アジェンダや悩みをディスカッションできる
3.大企業と提携し、収入基盤など必要なリソースを確保している

「つまり、実質的にスタートアップのCxOになるのと変わらないのに、心理的にも収入的にも安定するということです。心理的には、若いうちから経営に携わると非常に悩みが多いんですよね。

これは、経験の少なさが影響していると思っています。例えば、執行役員の選定方法や取締役会の運営方法といった細かいことにも悩まされますが、経験がないから自社にとって何がベストの選択なのか、分からないのです」

同じく経営に携わる友人に相談することもあったというが、やはり社外の人間に聞けることは限られている。本当に参考としたい、他企業での生々しい経営の実態に触れることもできない。

しかし、ミラルゴならそうした“孤独”にさいなまれることもない。大企業との連携も、あるようでないストロングポイントだという。

「スタートアップにいると、大企業と連携することは多いのですが、それをうまく回すのは意外と難しくて。大企業とスタートアップをブリッジできる人材は本当に少ないんです。その点、ミラルゴはさまざまな経験をしているメンバーばかりなので、シナジーを効率的に生み出せます」

MIRARGOの求人・採用情報を掲載しています

ナレッジと社会変革への想いを共有できるコミュニティ


「スタートアップ経営で抱えていた悩みが全て解決できる」、そう喜んだ谷口をミラルゴ参画に後押ししたのは、代表の小寺をはじめとするメンバーが持つ“熱さ”だった。

「日本を元気にしたい。社会を変えたい、良くしたい。そういった想いが強く伝わってきました。私自身、社会に閉塞感が漂っているのを息苦しく感じながら生きてきて、解決するにはスタートアップを元気にするしかないと考えていましたので、非常に共感しました」

ITバブルを経て、従来以上にイノベーションの創出がスタートアップに期待されている今、上の世代が築き上げてきたものを発展させるのが自らの世代の責務だと語る谷口。ミラルゴは、そうした想いやスタートアップ経営のナレッジを共有し、昇華させられるコミュニティだという。

「ミラルゴに参画して実感しているのは、ディスカッションよりさらに水準の高いやりとりができることです。僕らは『セッション』と呼んでいますが、ジャズのセッションのように、それぞれがソロを演奏しながらアドリブで次々に新しいものが生まれることが頻繁に起こっています。

社会を変えたいとの強い想いを持つ経営プロ人材が集まると、こんな凄いことが起きるのかと思いますし、めちゃくちゃ楽しいですね」

経営人材としてのやりがいを存分に発揮できる上、一人での挑戦に待ち受けるリスクを引き受けてくれる“母艦”がある安心感も大きい。だからこそ、社会の変革に欠かせないスタートアップの支援に全力を尽くすことができる。

「スタートアップを成功させて、CxOとして活躍している人はたくさんいます。日本を元気にするには、そういった方々が持っているような、ビジネスをグロースさせた経験を次のスタートアップに生かすことが必要です。これまでなかった、そうした人材やナレッジを還流させる仕組みを、ミラルゴは生み出せると確信しています」

谷口は、自らの成長スピードをさらに上げるためにも、新たなチャレンジを志向する人のミラルゴへの参画を期待したいという。

「日本を元気にする」を起点に、経営プロ人材が切磋琢磨してスタートアップの躍進を支えるコミュニティの誕生──ビジネス界にこれまでなかった類のムーブメントが生まれ、大きくなっていく軌跡を共に描けるまたとないチャンスなのではないか。

MIRARGOの採用情報をみる

Promoted by MIRARGO

あなたにおすすめ