Close RECOMMEND

大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

恋愛ドラマの宝庫・韓国のメンズはセクシー。コートスタイルが上手い大人は格別に。

自身の愛は不時着させず3月に安定着陸予定のヒョンビンよろしくなセクシーさを放つ5名から、コートの種類別に、その着こなし術を学ぶ。

「ステンカラーコート」はヘビーデューティな味付けでセクシーに



チョン・サンウク(Jung Sang Wook)さん

クラシックなステンカラーコートをミニマムに着こなしたチョンさんのコーディネイト。この手の装いは一歩間違えるとタンパクで、ツマラナク見えがち。しかし、そう陥ってないどころかセクシーさも感じさせる理由は、男臭いアイテムが脇を固めているから。

それが、インナーのドライバーズニットと、スニーカーのジャーマントレーナーだ。


メゾン マルジェラの傑作を愛用。

全体に馴染ませながらもヘビーデューティな名脇役を置くことで、男らしさが滲み出し、味わいが増すってワケだ。


コートはキャプテン サンシャインの定番作。

ちなみにコートは「キャプテン サンシャイン」。高密度のコットンギャバジンの光沢がこれまたセクシー。

「ミリタリーコート」は甘く着こなすことでセクシーに



キム・テイさん

ミリタリーコートを甘〜く、着こなすと、なんだかいい感じ。

しかもキムさんは、名作M-65フィッシュテール(いわゆるモッズコート)のヴィンテージを愛用。よーく見ると経年変化もあって味わいたっぷりなんだけど、インナーのオートミールカラーのニットや白のコンバースで清潔感はキープ。


BDシャツを見せたのも効果的。

まだ色の濃いインディゴデニムも追い風となり、独りよがらないアメカジスタイルが完成している。



それにしてもこの甘〜い感じ。なんなんだ? 素晴らしい!

「ラグジュアリーなコート」は素材の味でセクシーに



チョ・ヨンモ(Cho Yongmo)さん

愛車ポルシェ997の前に佇む、色気漂うチョさんが纏うのは全身「ロロ・ピアーナ×藤原ヒロシ」



世界最高峰の素材を駆使するラグジュアリーブランドを日本のストリートキングがリエディットしたコレクションを見事に着こなす。

いいコートをシンプルに。

過剰にアクセを着けたり、色を使ったりする必要なし。それはつまり、素材の味をそのまま楽しめる大人の特権なり。この大物感で1983年生まれ。驚異的である。

取材=増田恵理

OCEANS × Forbes JAPAN
VOL.58

コンパクトで5000万画素、800台限定「ハッセル...

VOL.60

パタゴニアも参画する「1% FOR THE PLANET」の...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ