五郎丸歩、クラブ経営者への道

(右)静岡ブルーレヴズの五郎丸歩CRO

日本ラグビー界待望の新リーグ「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(リーグワン)」が新型コロナウイルスの影響を受けながらも、いよいよ開幕しました。

私たち静岡ブルーレヴズも3週間遅れの1月30日、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪戦で開幕を迎えました。

チーム内に新型コロナ陽性者が出て、本来のリーグ開幕戦だったトヨタヴェルブリッツ戦から3試合、1月23日に予定されていたホストゲーム開幕戦の東京サントリーサンゴリアス戦も、中止となってしまいました。

2021年シーズンをもって現役を引退し、クラブ経営の道を歩むことを決めて就任したCRO(クラブ・リレーションズ・オフィサー)の初ミッションとして、「ホストゲーム開幕戦を満員にする」ことを目指してきました。中止になり、楽しみにしてくださっていた皆様に申し訳ない気持ちで一杯でした。

ただ、落ち込んでばかりもいられません。私たちが参加するディビジョン1の試合日程も、全16節のうち第10節まで来ました。皆様の期待にしっかりとお応えし、事業面でもいち早く中止の分を取り戻さなくてはいけません。

3月20日、27日のホストゲーム2連戦を開幕戦に次ぐ目標に定め、力を入れて準備してきました。しかし再び、20日・エコパスタジアムでのコベルコ神戸スティーラーズ戦が中止になってしまいました。27日・IAIスタジアム日本平での埼玉パナソニックワイルドナイツ戦の開催がどうなるかは未だ決定しておりませんが、クラブ一丸となって、今できる準備を進めています。



今回この思いとともに、これまで取り組んできたことを少しでもお伝えできればと思います。

一からプロデュースした企画チケットが「即日完売」に


まずは私が考案して、交渉からすべて回した、宿泊付き観戦チケット「Revs 2 Days Premium」のプロジェクトです。

前日から静岡県を代表するホテル「葛城北の丸」に宿泊いただき、ホストゲーム開幕戦をロイヤル席で観戦いただくという企画チケットで、静岡県産食材にこだわったRevs特別メニューの夕食や新年らしく着物をお召しいただいての写真撮影、翌日の見どころやスタジアムの楽しみ方を紹介するトークショーの開催など、2日間レヴズと静岡を堪能していただくサービスを準備しました。



ありがたいことに70名様募って即日完売になりましたが、試合中止に伴いキャンセルが発生し、代金をお戻しすることになりました。

部屋によって異なりますが、1泊2日で6万2500円からという値段設定に、「すぐ売り切れるなら、もっと高くできたのでは?」との指摘もいただきました。ただ、しっかり利益が出るような計算はしています。まずは値段とサービスに満足してもらう、リピーターになっていただくことを念頭に、価格を設定しました。

写真=BLUEREVS LTD. 編集=宇藤智子

Forbes Sports
VOL.96

五郎丸歩CROが語った、新リーグ・ホストゲーム...

VOL.98

世界が評価。若手日本人デザイナーによる「ユ...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ