世界が直面する課題の解決方法

Maizurah Ariff / EyeEm / Getty Images

グリーンテクノロジーソリューションや環境配慮型製品の恩恵を開発途上国にも広げていく上で、重要な役割を期待されるのが世界的な貿易ネットワークです。

世界経済フォーラム(WEF)のアジェンダからご紹介します。


・国境を越えた貿易と、さらなる経済連携が、世界的な気候変動との闘いにおいて重要な役割を果たすでしょう。
・開発途上国は、グリーンテクノロジーソリューションの供給ネットワークや、環境配慮型製品の貿易へのアクセスを必要としています。
・世界全体を低炭素の未来へと移行させていくには、開発途上国による貿易規制交渉への参加が不可欠です。

陸、海、空を経由して炭素排出量を増やすというイメージにより、非難の対象となることもある貿易。しかし、貿易と気候変動の関係に関する新たなエビデンスから分かるのは、より包摂的でレジリエント(強靭)かつサステナブルな経済を構築する上で、貿易は重要な役割を担っているということです。

遠隔地のグリーンソリューションへのアクセスを可能に


ケニアで農業を営むアン氏は、これまで畑の灌漑に苦労してきました。数年前に彼女が導入したのは、Futurepump(フューチャーポンプ)社が設計した太陽光発電式の灌漑用水ポンプ。

フューチャーポンプ社は、環境にやさしいポンプをインドで製造し、ネパールやケニアで実地試験を行い、アフリカやアジアで彼女のような小規模農家に製品を販売しているイギリスの小さな会社です。これにより、彼女は月々のコストをこれまでの半分程度に抑えられるようになった上、環境を汚染するディーゼルポンプの使用も停止することができたのです。

これは、貿易が環境に配慮した商品やサービスの普及を促進し、排出量削減や環境マネジメントの向上に貢献した一例です。このような気候に配慮した製品の貿易は、いまや1兆ドルを超える規模にまで成長しています。また、アン氏のような人たちに環境に配慮した方法でビジネスを行うために必要なスキルを提供する、さまざまな環境サービス事業者の需要も高まっています。


気候変動との闘いに様々なレベルで影響を与える貿易 イメージ: World Bank

開発途上国の気候変動適応計画における貿易の重要性


気候変動は、各国の生産および輸出に悪影響を及ぼしています。気象パターンに対して非常に脆弱な農業依存国が気候変動に適応するには、グリーンテクノロジーソリューションが不可欠なのです。

赤道に近い地域では農作物の収穫量が減少し、アフリカ、アジア、南米の乾燥地では食料不安が拡大。例えばマダガスカルでは、不作と新型コロナウイルスの感染拡大がもたらした不況のダブルショックにより、南部が飢饉に見舞われています。

文=Mari Elka Pangestu, Managing Director, Development Policy and Partnerships, World Bank Group

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ