Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

世界が直面する課題の解決方法

取引情報が、データ共有とアクセスを解放へ。(Yuichiro Chino / Getty Images)

世界中で増え続けるデータの潮流を良い方向に活用するために、データを共有する仕組みが求められています。世界経済フォーラム(WEF)のアジェンダからご紹介します。


・データ取引市場は、データがオープンかつ効率よく、信頼のおける方法で取引されることを可能にます。
・データは商品として従来の金融資産とは異なる性質を有しています。
・データ取引のために、価値評価と規制に関する新たな基準の作成が必要です。

デジタル革命により、世界はデータで溢れています。2025年には年間175ゼタバイト(175兆ギガバイト)という驚異的な量の新しいデータが生成されると予想されており、これは2018年の5倍に相当します。これらのデータの大部分はサーバーやハードディスクの中に置かれたままで、分析もされず、共有すらされないこともあります。

データは適切な人の手に渡って初めて価値を持つものです。ある人にとって無意味な統計データであっても別の人間にとっては非常に価値のあるものになる、といったことが起こり得ます。この別の人間が疫学者や気候科学者、災害対応にあたる救急隊員であった場合、共有されたデータの価値は人命に換算することさえできるのです。

世界経済フォーラムはこの課題を認識し、「共通目的データ・イニシアチブ(DCPI)」を立ち上げました。個人のプライバシー権を保護・尊重しながら、共益のためにデータ価値を開放することを目的にマルチステークホルダー・コミュニティと協働しています。幸いなことに、すでにいくつかの組織・団体がデータをより広くアクセス可能にすることの重要性を認識していますが、目的の実現までの道のりはまだ長いといわざるを得ません。

データ利用とデータ駆動によるインサイトを促進するアイデアの一つとして、「データ取引市場」が挙げられます。データ取引市場とは情報そのもの、または特定の条件下で情報にアクセスする権利を、オープンかつ効率よく、信頼のおける方法で取引できるプラットフォームを指します。

このアイデアのわかりやすい例えに金融市場があります。データ取引市場への参加者は、株式や債券、商品先物を売買するように、医療や製造業などの幅広い分野で収集された情報を取引するのです。

このコンセプトは現在、インド、コロンビア、日本でそれぞれのデジタル戦略を達成するための仕組みとして検討・開発されています。2021年後半、コロンビア政府は第四次産業革命コロンビアセンターとDCPIとともに、広範なデジタル化の取り組みの一環として、同国で展開されるデータ取引所のフレームワークを考案しました。

プラットフォーム
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ