Close RECOMMEND

上阪徹の名言百出

chipstudio / Getty Images

昨年のNHK「紅白歌合戦」で、白組のトップバッターを飾ったのは、郷ひろみさんでした。60代半ばとはとても思えない、華麗なダンスと歌声に驚いた人も少なくなかったのではないでしょうか。

以前、筆者が郷ひろみさんにインタビューしたのは、2時間の激しいトレーニングを終えた直後でした。途中、水分は補給するものの、休憩もまったくとりません。驚きを素直に伝えると、こんな答えが返ってきました。

「20代後半から毎日のようにトレーニングしてきてますから(笑)。僕は60代からの10年間を“郷ひろみ”としての最盛期にしたいと思っているんです」

60代で郷ひろみの最盛期を目指す


「男の子女の子」でデビュー、彗星のように現れ、あっという間にトップアイドルの座をつかんだのは1972年、16歳のときでした。以来、「よろしく哀愁」(1974年)、「お嫁サンバ」(1981年)、「2億4千万の瞳」(1984年)など、ヒット曲を連発。長きにわたり、華やかなスターの道をひた走ってきました。

しかし、若い頃はずっと強い危機感を持っていたというのです。

「何年かやってくると、なんとなく自分自身のことがわかってくるものです。歌も踊りも思った以上にダメだなって。このままじゃ、遅かれ早かれ僕は終わっていくと思いました」

トップアイドルでありながら、焦りと不安が常にあったというのです。やればやるほど、自分に足りない部分が次々に見えていった。そして郷さんは、驚くべき選択をします。大胆にもすべての音楽活動を休止、40代半ばにしてアメリカのニューヨークに渡り、ボーカルトレーナーに師事したのです。

「芸能界はそんなに甘くないですから、何年間かアメリカに行くことによって、郷ひろみの場所がなくなってしまう可能性もありました。でも、不思議と渡米については迷わなかった。あのまま、なあなあで日本にいたら、人としてもだめになっていたと思う」

帰国したのは、5年後。次から次へと新しいスターが出てくる芸能界で、5年ものブランクは途方もないリスクです。しかし、そのリスクをおかしてまで、郷さんは自らに力をつけるという選択をしたのです。

そして、「自身が探していたものを手に入れ、機が熟した」という思いで、日本に戻ります。この時期に立てたのが、「60代で郷ひろみとしての最盛期を目指す」という目標だったのです。長い目で見ての大胆なチャレンジがあってこその、いまなのです。

文=上阪 徹

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ