Close RECOMMEND

I am a former university president who writes about higher education.

Getty Images

ビタミンD不足と新型コロナウイルス感染症の重症化との関係性を示した新たな研究論文が、イスラエルのバルイラン大学とガラリヤ医療センターの研究チームにより学術誌プロス・ワンに発表された。

研究では、2020年4月〜21年2月の間に、ガラリヤ医療センターで実施したPCR検査で陽性となった入院患者1176人の血中ビタミンD濃度に着目。濃度は、入院前の定期血液検査またはビタミンD欠乏の疑いに伴う検査の結果に基づいており、検査結果は陽性判定の14日〜730日前に判明していた。

ビタミンD濃度が20ng/mL未満の欠乏症患者は、40ng/mL以上の人よりも新型コロナウイルス感染症が重症化する可能性が14倍高まった。ビタミンD濃度が十分だった患者の死亡率は2.3%だった一方、ビタミンD欠乏症患者の死亡率は25.6%だった。

研究チームは分析にあたり、患者の年齢、性別、慢性疾患を考慮に入れおり、それでもこの大きな差が生じた。ビタミンD濃度の測定は感染以前に実施されているため、新型ウイルスによりビタミンが減少した可能性は排除できる。

以前からビタミンDには、骨と歯の健康促進、免疫の強化、心臓血管系疾患の予防など、多くの健康効果があることが知られてきた。新型ウイルスについては、きちんと立証された直接的証拠は少なかったものの、免疫の強化に役立つとの考えから、医師らは患者に対してビタミンD摂取を勧めてきた。

今回の研究は、オミクロン株の出現前に実施されたものだった。しかし研究を率いたバルイラン大学のアミエル・ドロール医師は、ビタミンDはコロナの変異株にも有効だろうとしている。

この研究結果については今後、再現性があるかどうか、そして再現性があった場合、臨床診療においてどのようにビタミンD濃度を十分な量に保つのが最善かを、他の研究者が調べることになるだろう。

編集=遠藤宗生

新型コロナ

PICK UP

あなたにおすすめ