<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

挑戦する人と挑戦する企業をつなぐ、Forbes JAPAN 初の採用ブランディング

リブ・コンサルティングの採用情報をみる

言葉には、その人の“本気”が滲み出る。

本記事の主人公、リブ・コンサルティングで事業開発事業部DXチームのシニアコンサルタントを務める森一真と、同部署コンサルタント小林裕輔。

クライアントにとっては“外部パートナー”のコンサルタントでありながら、取材中、彼らの口からは「支援する」という言葉は終始出てこなかった。

度々、発されたのは、「創る」「変革する」「結果を出す」というもの......二人は、なぜこうした言葉を発したのか。

2012年の創業以来、熱意に満ちたベンチャー・中堅企業向けのコンサルティングに注力し業界に異彩を放つ同社。企業のDXアジェンダの中でも特に困難な課題である、デジタルを活用した新規事業創出を強みとするのがDXチームだ。

それぞれ異なるバックグラウンドから入社した二人が、前職で抱いていた疑問や課題。彼らが何を切望してきたのかを紐解きながら、リブ・コンサルティングでの今を明らかにしたい。

社内調整や根回しに、人生を費やす価値はあるか


「この仕事に人生の貴重な時間を費やして、後々、自分は後悔しないだろうか」

前職時代の小林が抱えた疑問は、もしかすると身に覚えがある読者も多いかもしれない。

小林は東京大学卒業後、CRM/AIベンチャーを経て総合コンサルティングファームの先端テクノロジーチームに在籍していた。元々ベンチャーでプロダクトマネージャーをしていた彼は、手触り感のある事業づくりに魅せられ、リブ・コンサルティングでのデジタル事業開発へとキャリアを歩み進める。

「新卒で入社したベンチャーではクライアントに中堅中小企業が多く、経営者と直接交渉するケースもよくありました。ソリューションを次々と企画し、日々クライアントにぶつけていました。リアルに事業づくりを体感でき、仕事自体は充実していました」

それでもさらなるやりがいを求めた彼は、より大きな課題解決に取り組めると見込み、総合コンサルティングファームに転職。しかし、待っていたのは想像以上の調整業務だった。

「市場リサーチや議論を重ねながらビジネスを組み立てていくプロセスに、コンサルティングの醍醐味を感じていました。しかし企業規模が拡大すると、企画・実行の時間と同等の時間を、稟議や根回しといった社内調整に、つまりエンドユーザーへの価値提供とは直接関係のない部分に費やしていました」

「自分の仕事は社会を良くしているのか?」「社会に新たな価値観やライフスタイルを創出しているのか?」と、彼は疑問に感じた。

当時を振り返りながら、小林は印象的な言葉を我々に向けた。

リブ・コンサルティングの求人・採用情報を掲載しています。
事業開発事業部 DXチーム コンサルタント 小林裕輔

「事業とは、新しい思考や文化を取り入れながら、世の中の代謝と流動性を向上させるもの。それによって人の自由度や幸福度を高めていくものだと私は捉えています」

小林にとって何より重要なこと。それは“生きやすい世の中、未来とは何か”を追求することだと言う。そして自らの意志を込めることで、より良い社会へと変化を加速させることだった。

そんな小林が出会ったのが、リブ・コンサルティング。同社のクライアントであるスタートアップや中堅企業は、新規事業の立ち上げや事業変革により、世の中に新たな価値を本気で生み出そうとしている。

社会や生活に劇的な変化を起こせる可能性に惹かれた小林は、リブ・コンサルティングへの転職を決めた。

デジタルの可能性を最大化できない。組織の壁に悩んだ


もう一人の主人公、森の思いにも触れていこう。

公認会計士の資格取得後、新卒で財務・M&Aコンサルティングファームに入社した森。その後、ゲーム会社でディレクター兼アナリストとして企画・マーケティング業務を行ないながらビッグデータ分析を経験し、前職となるデジタル系コンサルティングファームに転職した。

大手広告代理店のパートナー企業として連携し、エンタープライズ向けのデータ・AIコンサルティングに携わる日々。

マーケティングとAIを掛け合わせたソリューション企画が森の得意分野だ。大手企業の営業・マーケティング部門と共に数多くのプロジェクトを経験したが、どうしても越えられない組織の壁に直面する。

「クライアントの事業の先にいる顧客に対し、より良い体験を生み出す。そのためには企業内の様々なデータを統合・分析する等、デジタルを活用してマーケティング以外のオペレーション領域や商品・サービス開発、経営戦略までも変えていく必要があります。

しかし、当時のクライアントはあくまで営業・マーケティング部門。全社的なデジタル戦略の提案は彼らの管轄外。ごく稀に全社的なデジタル変革の提案依頼もありましたが、その場合は私の所属する会社側に案件を受注できるケイパビリティがなかった。最終的に広告ビジネスに落とし込む自社のビジネスモデルが邪魔して、本来求められるデジタル戦略のコンサルティングは提供できなかったのです」

森は、組織的な縛りと自分のやりたい仕事のギャップに悩んだ。デジタルの可能性を熟知するからこそ生まれるジレンマだった。

オペレーションの改善だけでなく、事業を変革し、新たな価値を創出することに全力を投じたい。森もリブ・コンサルティングへの転職を決意した。

「スタートアップや中堅企業の生死を賭けた新規事業立ち上げを数多く手掛けるリブ・コンサルティングなら、自分の求める事業や全社レベルの本質的なDXコンサルティングができるだろう」と。

マインドは日本、手法はシリコンバレー。市場そのものを作り出す事業づくりの面白さ


全く異なる環境から転職してきた二人。リブ・コンサルティングは、それぞれの課題やジレンマを見事に解決しているという。

小林はインタビュー時、まだ入社4カ月目だったが、すでに「社会を変えるようなデジタル事業を生み出したりグロースさせたりすることに自分が関われているという手応えがある」と満ち足りた表情で話した。社内調整は全くない、事業づくりに本当に集中できている、とも。

事業開発は、案件毎に変数が多く経験値がものを言う世界。現場で議論しながら学びを得る日々だと小林は語る。

「新規事業は成功するか否かが、ともすれば企業の“生死”をも左右します。タイムレンジは短く、費用対効果もよりシビアですが、リブ・コンサルティングは業績の成長にコミットし、結果を出すというスタイルを崩しません。アウトプットの機会が多いので、僕自身も仕事への没入感を得て、外部コンサルタントという立場以上の当事者意識が圧倒的に高まりました」(小林)

前職で組織の壁に悩んだ森も、現在はデジタルの価値を最大化する事業づくりに専念できている。彼は自社のコンサルティングスタイルを「日本とシリコンバレーのハイブリッド」と表現した。

リブ・コンサルティングの求人・採用情報を掲載しています。
事業開発事業部DXチーム シニアコンサルタント 森一真

「自社のValueとして11のキーワードを掲げた“リブマインド”には、“感情移入”や“集合天才”などいわゆる日本的な価値観に基づくものが多い。

一方で、市場で事業コンセプト検証を繰り返し、エビデンスを積み上げながら軌道修正していくアプローチは、アメリカシリコンバレーのスタートアップ手法に近い。マインドは日本、手法はシリコンバレーのハイブリッドと言えるのではないか」(森)

事業の想定顧客に実際に会い、仮説検証を繰り返しながらニーズや課題を深掘りしていく。事業立ち上げから軌道に乗せるまで、そこには想像以上の手触り感がありそうだ。

「日本の社会変革のスピードはまだまだ遅いと感じています。スピードアップさせるためには、新しい市場やカルチャーの誕生、そして普及までを促進させる環境を生み出さなくてはなりません。

今この瞬間にも新たな価値を創出し、市場を素早く開拓して事業をスケールしていくことが重要ですが、リブ・コンサルティングにはそのケイパビリティがある。様々な案件で、市場そのものを作り出す現場に立ち会えるのは、リブ・コンサルティングで仕事をする何よりの魅力ですね」(森)

リブ・コンサルティングの提供価値とは何か。「将来の夢物語ではなく、今現実にイノベーションを起こすこと」。即座に答えた森の言葉の根底に、揺るぎのない確信が見える。

二人が「支援する」ではなく、「創る」「変革する」「結果を出す」という言葉を発した理由。それは彼らがクライアントと同じ場所に立ち、同じ未来を見ているから。

社会にとっての新たな価値を創り出し、世の中に広く届ける。その主体者となれるのだからこれほど面白い仕事はない、そう彼らは口を揃えた。

リブ・コンサルティングの採用情報をみる

Promoted by リブ・コンサルティング

あなたにおすすめ