Close RECOMMEND

大人のFUN-LIFEをサポートするファッション&ライフスタイル誌

古いアパートの階段を3階まで上り、見えたのはペイントされた扉。

数歩進めば行き止まる狭い室内で、店主である現代アーティストの加賀美健さんが出迎えてくれた。


訪れたのは渡辺真史◎1971年、東京都生まれ。ベドウィン & ザ ハートブレイカーズのディレクター。ローカルとインターナショナル、2つの視点で東京をクルージング。

加賀美:お久しぶりです!

渡辺:元気そうだね。久しぶり。昔、僕も(加賀美)健くんもモデルをやっていて、撮影で一緒になったこともあったね。しかも、健くんはスタイリストの馬場圭介さんのアシスタントでもあって。ついていたのは6年間くらい?

加賀美:ですね。小学校に通う年数、まるまるアシスタント生活でした。

渡辺:その頃からキャラは立っていたし、いい意味で人と違うことを気にしないヤツだから、アーティストになったときは驚いたけど意外でもなかった。

加賀美:アシスタントを離れて1年半ほどサンフランシスコに留学していて、その経験も影響していると思います。

渡辺:向こうは何が面白かった?

加賀美:ホームレスが開いているフリマとか楽しかったですね。道で拾ったものとか売ってたり。

渡辺:すごそうだね。で、日本に帰ってきたら、変な店をやり始めた(笑)。

加賀美:モチーフは、高円寺にあった4畳半ほどの店。アパートの一室で、個人で自由にやっている感じが良くて。

渡辺:だからここ、あまり開いてないのか。前、何度か来たら閉まってたよ。

加賀美:開けても人が来ないんですもん(笑)。コロナ禍で海外のお客さんも来られないし。



渡辺:それにしてもすごい品揃えだね。アパレルやコラボのグッズ。あとはあまり声に出せないようなユニークなアイテムがたくさん(笑)。

加賀美:非売品ばかりですが、外国のお客さんはレジに持ってきちゃいますね。そのときはノリで「ノット・フォー・セール!」とか言ってみたり。僕、英語ほとんど喋れないんですけど。

渡辺:日本語でメッセージが書かれたアイテムが多いよね。英語はよく見るけど、日本語だとダイレクトに入ってくる。「実家帰れ」とか、面白いなあ。

加賀美:中学時代の野球部の先輩の口癖で。何かミスをしたら、すぐに言われて。練習が終われば帰るのに(笑)。ちなみに、店ごとなら全部買えますよ。

渡辺:え? おいくら?

加賀美:所属するギャラリーが決めるんで、僕には価格がわからないんです。

渡辺:なるほど、この空間自体が作品だね。新しい。健くんのクレイジーな頭の中が丸ごと買えるわけだ(笑)。

加賀美:誰かコレクターの方が購入してくれないですかね?(笑)

──極私的で奇妙な空間。不定期オープンのため、インスタグラムにて営業日をチェックしてからお訪ねを。

「ストレンジストア」
住所:東京都渋谷区鶯谷町12-3 フローラ代官山301
電話番号:03-3496-5611
※営業日時はインスタグラムにて。
instagram:@store_strange

(この記事はOCEANSより転載しています)

文=増山直樹 写真=若木信吾 

OCEANS × Forbes JAPAN
VOL.53

無重力体験で疲労回復。NBAスター選手もハマる...

VOL.55

日本一危険な国宝、日本初の星空保護区。2022...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ