京都市在住のフリーランスライター兼編集者

オーウェル創業者兼CEO オルガ・アクノヴァ 

17歳で来日し、ファッションモデルとしてパリコレなどでも活躍したオルガ・アクノヴァ。32歳での決断と、後年の起業、ボディビルの魅力について聞いた。


17歳から32歳までファッションモデルを続けてきた経験から、“美と健康の維持”を皆様にも提供できないかと考え、2020年に起業。多忙なビジネスパーソン、特に経営者の皆様を中心に、彼らのパーソナルトレーナーとして活動しております。

ロシアでは、16歳で中等普通教育を終えたあとは高校進学が一般的ですが、私はモデルの仕事を始めました。そんなとき、日本のモデル事務所にスカウトされたのです。日本という国については何も知らなかったけれど、まったく縁のない他国で働くということが興味深く、単身で来日しました。17歳のときです。両親は心配こそしていましたが、「あなたの決めたことなら」と送り出してくれました。

住んだのは事務所が所有するモデル専用の寮で、さまざまな国からモデルが来ていました。ロシア出身は私ひとり。でも寂しくはなかった。仕事がとても楽しかったからです。当時は雑誌やカタログのファッションページ、CMの仕事が多かった。バブルの残り香がまだあって、ギャランティが高く、かつ現場はどこも非常に厳しくて、さまざまなことを教わりました。32歳でロシアに戻って人生を考え直したとき、もう一度日本に戻る決心をしたのは、やはり日本人の働きぶりが自分に合っていたからです。私は“ワーカホリック”ですが、それは日本の皆さんからの影響なのです(笑)。

34歳からはボディビルを始めました。大会に出場するためには、運動の内容も食事も変えないとなりません。準備には最短で半年はかかります。私はそのころまだアルマーニの専属モデルだったのですが、1カ月で服が入らなくなりましたね(笑)。

現在は原宿のジムで一日7、8人のパーソナルトレーニングを週5日行っています。年齢は18〜70歳まで、男女比は半々です。私のトレーニングは厳しいとよく言われます。通う皆さんには必ず具体的なゴールがある。しかも経営者ともなれば非常に忙しい。大事なのは、自らのゴールにしっかりとフォーカスし、Keep movingすること。だから、トレーナーとして厳しく相対せねばならないのです。

あらためてそのように思ったきっかけがあります。2019年の「JBBFビキニフィットネス部門」で3位に入賞したのですが、翌年の同大会で5位になってしまったのです。「当日を楽しもう」と思ったのが敗因でした。ボディビルと経営は非常によく似ていて、楽しみがゴールでは成功しないのです。そこで今年はより厳しいトレーニングを重ね、「東京ボディビル選手権」という大会で5位に入賞しました。結果が出て、とてもうれしかったです。

私自身にもパーソナルトレーナーがいます。ロシア在住のロシア人女性で、ボディビルの大会出場までのトレーニングメニューや食事、メンタルの強化をお願いしています。彼女からは「一度の勝利は幸運にもたらされることがあるが、絶えず探求心をもってコツコツ積み重ねないと、本当の実力はついてこない」と教わりました。しかも、コーチというのはあくまでもサポーター。アスリート(私)のモチベーションは、私しかつくれず、目標や夢の実現はいつだって自らでしか成し得ないのです。

構成=堀 香織 写真=yOU(河崎夕子)

CEO’S LIFE─発想力の源を探る
VOL.57

大好きな総合格闘技で素の自分に戻る

VOL.59

ピアノの即興演奏で養ってきた力とは──発想力...

PICK UP

あなたにおすすめ