世界が直面する課題の解決方法

「物語を共有するため、人という本を借りましょう」。ヒューマンライブラリーは読者にそう呼びかけています。Photo by Alfons Morales on Unsplash

社会の分断が深まる中、他者のストーリーを聞くことを通して、多様性やインクルージョンを推進する取り組みが広がっています。世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・パンデミックの発生以降、60%以上の人が、国家間の対立が悪化したと考えています。
・偏見をなくすため、ヒューマンライブラリーでは異なる立場の人たちが集まる場を提供しています。
・デンマークで生まれたこの非営利団体は、現在1000冊以上の「ヒューマンブック」を貸し出しています。

人々は皆、良い物語が大好きです。物語は強力なコミュニケーションツールであり、適切な方法で利用すれば、人と人の溝を埋めることもできます。

しかし、活字から誰かの物語を読み解くのではなく、実際に経験者の話を聞くことを想像してみてください。ホロコーストの生存者の体験談や、摂食障害のある人に話を聞いて、自分の認識を改めることがもしできるとしたらどうでしょうか。

「物語を共有するため、人という本を借りましょう」。ヒューマンライブラリーは、それを可能にします。

それぞれの「本」は、ライフスタイル、信念、障がい、民族など、偏見や不名誉と闘う各グループを代表しています。

科学で偏見をなくす


新型コロナウイルス感染拡大の中で、社会的な隔たりが広がったと言われています。ピュー・リサーチセンターの調査によると、パンデミックの発生以降、国家間の分断が悪化したと考える人は60%を超えています。

この調査結果は、人々を結びつけるのに今ほど最適なタイミングはないことを示しており、これは世界経済フォーラムの2022年の年次総会における「Working Together, Restoring Trust(信頼を取り戻すために一致協力を)」というテーマで取り上げられています。

「The Essential Job Interview Handbook(エッセンシャルジョブインタビュー・ハンドブック)」の著者で、キャリアコーチのジーン・バウア氏によると、人があなたのことを好きかどうか、あるいは一緒に働きたいかどうかを判断するのに要する時間はわずか3秒だそうです。では、どうすれば自分の先入観や偏見、ステレオタイプの判断を取り除くことができるのでしょうか。

偏見への対策として長年続けられてきた研究に「接触仮説」というものがあります。この理論によると、グループ間の接触が適切な条件下で行われた場合、寛容と受容を促進するのに役立つとされています。

また、これまでの研究でも、たった10分間他人の視点に立ってみることで、長期的な効果が得られることが示されています。例えば、ある研究によると、個別に対話することでトランスフォビアが軽減されることがわかりました。直接対話することにより、トランスジェンダーの人の視点に立って世界を想像することができるようになるからです。

ヒューマンライブラリーも同じ原理で運営されています。

文=Kayleigh Bateman, Senior Writer, Formative Content

LGBTダイバーシティ人権ジェンダー平等
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ