Close RECOMMEND

BUSINESS

John Phillips/Getty Images for Metro-Goldwyn-Mayer Studios and Universal Pictures

リドリー・スコット監督がイタリアのグッチ家の光と影を描いたサスペンス映画「ハウス・オブ・グッチ」は、先週の全米公開以来、賛否両論を巻き起こしているが、その中でも、とりわけこの映画を嫌っているのがグッチ家だ。

グッチ家は11月29日の声明で、この映画の内容が侮辱的で「正確さからかけ離れている」と非難した。

1953年から1986年までグッチの会長を務めたアルド・グッチの子孫らは、イタリアの通信社ANSAに寄せた声明の中で、この映画がアルド・グッチと彼らの一家を「悪党で無知で無神経な者たち」として描き、事実をねじまげていると述べた。

Varietyに掲載された声明の英訳によると、家族らはこの映画の内容に当惑したと述べ、製作者から相談を受けなかったと主張している。

映画では、グッチの3代目社長のマウリツィオ・グッチを殺害した彼の妻のパトリツィア・レッジャーニをレディー・ガガが演じているが、彼女の描かれ方についても、グッチ家は異議を唱えている。

グッチ家は、レッジャーニが「男性的でマッチョな企業文化」を乗り越えようとした「被害者」として描かれていることが「不愉快だ」と述べている。

「ハウス・オブ・グッチ」は、2000年に発売されたサラ・ゲイ・フォーデンの著書を原作とした映画で、アダム・ドライバー演じるグッチ創業者の孫のマウリツィオ・グッチの殺害を、レッジアーニがどのように計画したかを描いている。

グッチ家は以前からこの映画に批判的だったが、レッジャーニもこの映画に反論しており、レディー・ガガが彼女を演じる前に彼女と会わなかったことに「腹が立った」と語っている。

しかし、リドリー・スコット監督は、この映画への批判を一蹴し、「グッチ家の一人が殺され、もう一人が脱税で刑務所に入ったことを忘れてはならない」とBBCに語っている。

また、映画の観客の多くは、俳優のイタリア語のアクセントにも批判的だ。ガガは9カ月間、イタリア語の訓練をしたようだが、この映画に携わった方言コーチはThe Daily Beastに「ロシア語のように聞こえる」と話した。

しかし、ガガの演技はおおむね称賛されており、賞レースのシーズンに向けてオスカーの話題を集めている。

編集=上田裕資

映画グッチレディー・ガガ

PICK UP

あなたにおすすめ