Close RECOMMEND

Business

英国海軍 原子力潜水艦 アスチュート(Christopher Furlong/Getty Images)

オーストラリア政府は、米国と英国との協力により複数の原子力潜水艦を建造する計画だ。3国が9月15日に発表した。南太平洋では中国が存在感を高めており、これに対抗する狙いがある。

この原子力潜水艦プログラムは、バイデン大統領と英国、オーストラリアの首脳が15日に発表した3カ国間の新たな防衛パートナーシップ「AUKUS」の一環だ。スコット・モリソン首相は、オーストラリアが今後1年半をかけて2国との協議を進め、最終的にはアデレードで複数の潜水艦を建造すると述べた。

これらの潜水艦は推進力として原子炉を用いるが、バイデン大統領はこれらの船が米国や英国の潜水艦とは異なり、核兵器ではなく通常兵器を搭載すると説明した。モリソン首相は、オーストラリアが核兵器不拡散条約(NPT)を遵守し、核兵器の開発を考えていないと述べた。

米国は、20世紀半ばに英国とパートナーシップを結んで以来、原子力潜水艦の技術を他国と共有していないとホワイトハウスの匿名の関係者は複数のメディアに語った。

3人の首脳は、AUKUSを「インド太平洋地域の安全保障のための広範な取り組み」としているが、今回の合意の背景には中国のプレゼンスの高まりがあると考えられる。中国は近年、急速に海軍力を増強し、南シナ海での存在感を高めており、米国もこの地域の海軍力を増強している。また、米中の緊張関係も徐々にエスカレートしている。

バイデン政権は、中国製品に対するトランプ時代の関税を維持しており、米政府は中国による香港の弾圧やウイグル人への扱いを厳しく批判しており、中国はそれに反発している。

「我々3国は、長期的にインド太平洋地域の平和と安定を確保することが必須であると認識している」とバイデン大統領は述べた。

オーストラリア政府は、今回の原子力潜水艦プログラムで、数十年前から保有しているディーゼルエンジンを搭載した通常動力型潜水艦を置き換えようとしている。同国の政府は、数年前にフランスのNaval Groupと新型の潜水艦の契約を結んだが、計画は遅延しコストも膨らんでいる。

原子力潜水艦の見通しが立ったことで、政府はこの契約を破棄する可能性があると、現地の放送局は報じている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ