Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.


4. 会社の目標に対するメリットを上司に明確に伝える


会社を支えるためにあなたや上司ができることは多くある。自分のアイデアを支持してもらうには、それをビジネスのニーズと結びつけることが必要だ。

上司が会議で共有した目標について考えよう。「私のアイデアがどのようにあの目標の役に立つだろうか」「私のアイデアで時間や金の節約、あるいは利益の増加がどう達成できるだろうか」などと自問する。

自分の新たなアプローチが会社にとって必要なことを達成する役に立つことを直接示せれば、それがビジネスケースになる。ビジネスケースがあれば、あなたのアイデアは優先され、リソースを与えられて支援される。

5. 同僚にアイデアを共有し、創造的な文化を育てる


自分のアイデアの実践を始めたら、同僚に自分の取り組みを知ってもらおう。新たなアプローチは人々の興味をそそり、相手にも新たなアイデアを思いつくよう促すことができる。全員が独自の考え方をするようになり、それを楽しいと思うようになれば、創造的な文化を生むことができる。創造性が推奨され、支持され、期待されている職場環境を作ることができるのだ。

変化をもたらすには、新たなアプローチを導入しなければならない。成功を収める人は、他者と違うやり方を採用する。自分に、創造的に考える許可を与えよう。

チームや部署で起きていると気づいた問題があればそれについて考え、他の職種や会社、分野で活用されている異なる枠組みについて好奇心を持って調べよう。自分のアイデアが他とは違うからという理由で無視するのはやめ、自分のアプローチをまずは上司と、その後で同僚と共有すること。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ