for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、3月1週目の“注目のトピック”として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

インフキュリオン


調達額:24億円
調達先:JPインベストメント / 三菱UFJキャピタル / セレス / TIS / 凸版印刷 / りそな銀行 / 大日本印刷 / マネーフォワード
備考:複数の金融機関に新株予約権社債を発行

店舗の決済ゲートウェイサービス「Anywhere」、QRコード対応のウォレットASPシステム「ウォレットステーション」など、決済×テクノロジーを軸としたDXサービスを提供しているスタートアップ。

同社は、スマートで安全なキャッシュレス社会を実現するため、3つのアプローチをとっている。1つ目がクライアントとともに新規事業を創出する共創コンサルティング型、2つ目がフィンテックベンチャーとして自らの手で事業を創出するスタートアップ型、3つ目が有望ベンチャーへのハンズオン投資を通じて事業を創出するインベスト型である。

また、メディア運営やFintech協会活動などを通じて、業界発展と事業機会創出のための活動も行っている。

2021年3月にはJPインベストメント、三菱UFJキャピタル、セレス、TIS、凸版印刷、りそな銀行、大日本印刷、マネーフォワード、また複数の金融機関に新株予約権社債を発行しており、合わせて総額24億円の資金調達を実施した。

今回の資金調達によって、各サービスの機能強化を図るとともに、新サービスの企画・開発を加速させ、日本における"Embedded Finance"を推進していく方針だ。

GITAI Japan


調達額:18億円
調達先:グローバル・ブレイン / スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー / 大和企業投資 / 第一生命保険
備考:シリーズBラウンド / スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーは宇宙フロンティア投資事業有限責任組合を通じて出資 / 大和企業投資はDCIベンチャー成長支援投資事業有限責任組合を通じて出資 / グローバル・ブレインはEP-GB投資事業有限責任組合を通じて出資

宇宙用作業ロボット「G1」、「S1」等のロボットを開発しているスタートアップ。

「G1」は宇宙ステーション船内外や月面基地開発における汎用的な作業を遂行することを目的に開発された半自律・半遠隔の双腕ヒューマノイドロボットである。

AIを用いた自律制御と地上のオペレーターが専用のGITAIロボット操縦システム「H1」を用いて行う遠隔操作を組み合わせることで、従来のロボットでは困難であった汎用的な作業(スイッチ操作、工具操作、柔軟物操作、科学実験作業、組み立て作業、負荷の高い作業等)を1台のロボットで遂行できる性能を実現している。

災害救助や宇宙開発といった法人向けの提供も想定しており、人形ロボットでのテレプレゼンスを目指して今後も開発していくと考えられる。

2021年3月にはスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、大和企業投資、第一生命保険、エプソンクロスインベストメントからシリーズBラウンドとして総額18億円の資金調達を実施した。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ