Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介



メルセデス・ベンツといえば、かつては高級乗用車のメーカー。いまは製品が多様化して、人によって、さまざまなメルセデス・ベンツが存在する。ハッチバックもスポーツカーも、同社らしい仕上がりなのはさすがである。もうひとつ、メルセデス・ベンツは箱型のピープルムーバーを手がけても、みごとにつくり上げる。

いまは多人数が乗れるピープルムーバーのVクラスが日本でも人気であり、さらに、Tクラスなる新型が加わる予定だ。詳細は伏せられているものの、同社は「ファミリーやレジャー志向が強い顧客に、バリューフォーマネーの商品として開発する」としている。

スライドドアを左右に備え、さまざまな用途向け車体と、クラスがひとつ上のVクラスの美点も持つ。ルノー・日産自動車・三菱自動車とのアライアンスから開発されるTクラス。欧州では22年の発売だそう。

【連載】クルマの名鑑
他記事はこちらから>>

text by Fumio Ogawa | edit by Tsuzumi Aoyama | illustration by Chris Rathbone

クルマの名鑑
VOL.27

人生を色鮮やかに彩る期待のクーペSUV──VOLKSW...

VOL.29

新時代の名車、ピュアEVが実現する未来のクル...

PICK UP

あなたにおすすめ