I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Getty Images

戦略的に考えるためには、現在に取り組みつつ未来を意識することが必要だ。戦略的な思考に必要とされるのは、一歩先を進みつつ、競争力が高くて評価される従業員でい続けることを可能にする知性だ。未来学者のエリカ・オレンジが提案する次の3つの方法を通し、戦略的思考を実践しよう。

1. 文脈を考える

空白で行われるものは何もない。全てのものは相互につながっている。戦略的思考は、物事や行動、決断がどのように他に影響を与えるかを認識することだ。どこでどのように不動産に投資するかを決める場合、新型コロナウイルス感染症が現在と未来のあなたの投資にどのように影響するかを考えるべきだ。

文脈を考慮する場合には決断は複雑になる可能性があるが、文脈を考えるとより良い決断が下せる。決断を下す環境とその結果を現在と未来の両方で考えるため、労力と時間を追加しよう。

2. 信頼でき、価値のある情報を判別する

より良い決断を下し、より戦略的になるためには、正確かつ重要な情報に基づいて決断と答えを出すべきだ。信頼できる既知の情報源から得られる最新情報を使うこと。情報が信頼できるものか、あるいは価値があるものかについて確信が持てない場合は調査しよう。あなたが知っていたり信頼していたりする情報源は、その情報や情報源を引用しているだろうか? また、同僚にも尋ねること。

3. 結果を予想する

戦略的になりたければ、現在起きていることと後に起きることを同時に考えることができなければならない。未来について100パーセント確信が持てることは決してないが、全ての可能性や見込みを考えることはできるし、そうすべきだ。

将来何が起きるかを理解することで、現時点でより良い決断ができる。将来は、あなたの現在の意思決定プロセスを導くことができるのだ。

キャリアの成功、そしてあなたの組織の成功を決めるのは、現在を把握する能力だけではない。将来についても考えなければならず、それには戦略的思考が必要だ。文脈を認識し、どの情報が正確で重要かを見極め、今後何が起きるかを予測すること。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ