Getty Images

ドナルド・トランプ米大統領が新型コロナウイルスに感染したことを受け、大統領選の対立候補である民主党のジョー・バイデンの支持率が上昇したことが、4日に公表された世論調査の結果から明らかになった。有権者の多くは、トランプの感染は新型ウイルスに対する傲慢な姿勢が原因だと考えている。

トランプは1日夜に新型コロナウイルス陽性が判明し、翌2日から3日間にわたって入院を続けている。世論調査は、ロイター/イプソスが成人1005人を対象に10月2日~3日に実施。11月の大統領選で投票予定の有権者は596人で、そのうちの51%がバイデンを支持、41%がトランプを支持する結果となり、バイデンのリードはここ1カ月で最大となった。

トランプの感染は、バイデンの支持率上昇に大きく貢献したとみられる。民主党支持者の65%、共和党支持者の50%が、トランプが新型ウイルスを軽視していなかったら感染は免れただろうと回答。同じく4日に公表されたABCニュース/イプソスの世論調査でも、トランプが新型ウイルス感染リスクを十分真剣にとらえておらず、自身の健康のために適切な予防措置を取らなかったと考えている人は72%に上った。

ロイター/イプソスの世論調査では、トランプの新型ウイルス対策を支持しないと回答した割合が前週末比で3ポイント増の57%となった。また、トランプが新型ウイルスについて真実を語っていないと考える人の割合は34%に上った。

大統領選では今月15日、マイク・ペンス副大統領と民主党の副大統領候補カマラ・ハリスとの討論会が控えているが、同調査では59%が討論会はトランプが回復するまで延期すべきだと回答した。

翻訳・編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ