I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Oliver Rossi / Getty Images

皆さんの中には、仕事がストレスで、多くを要求されている人もいるだろう。仕事で成功するためには、自分自身と他人との間に境界線を引く必要がある。

自分がどこまでのことをするのか、あるいは他人にどこまでを許すのかという限度を決めること。仕事で成功する人がする以下の3つの「線引き」を参考に、あなたも自分なりの境界線を定めよう。

1. 自分の時間を守る


メールチェックは1時間に何度もではなく、1日に2、3回にしよう。自分の仕事上の目標達成に貢献しない要求に対しては「ノー」と言うこと。会議はスケジュール通りの時間に完結させる。催促のメールを何度も繰り返すぐらいなら、電話をかけた方が早い。

自分の時間を無駄にしている習慣や行動を見直すこと。もっと効率よくタスクをこなす方法を検討する。自分自身やチームが前進することに集中しよう。成功する人は、自分の時間と他人の時間の両方を尊重するものだ。

特にリモートワークの場合は、自分の時間を意識することが重要になる。新型コロナウイルスの流行により、以前よりも労働時間が長くなった人は多い。仕事には懸命に取り組むべきだが、燃え尽きを起こしてはいけない。

成功する人は時間を大切にするものの、自分のやりたい仕事だけをしてそれ以外の全てを拒否しているわけではない。自分がチームの一員であることを認識し、同僚をサポートする必要があることも承知している。あなたが周囲の人の時間を尊重していることを同僚が認識すれば、向こうもこちらの時間を尊重してくれるだろう。

2. エネルギーを温存する


休息が必要な時は、パソコンの前から離れて一息入れよう。自分にはどうにもならないことを心配するのはやめること。

身を粉にして働いたところで、何も進歩は得られないかもしれない。成功する人は、自分の生産性が上がらない時もあることを認識している。必要に応じて立ち止まり、本当に集中力が必要な時に備えてエネルギーを温存しよう。

3. 自分の手柄をアピールする


自分のアイデアを他人の手柄にさせてはいけない。何かアイデアが浮かんだり、成果を上げたりした時は、それを周囲にはっきりと示すべきだ。キャリアアップは、人々に自分の業績を認めてもらうことにかかっている。業績が認知されなければ、目標達成も難しくなるだろう。

チームプレーも大切だが、他人の踏み台になっていてはいけない。小さな成果まで逐一アピールする必要はないが、重要な業績は上司や同僚にしっかりと知らしめるべきだ。

時間、エネルギー、業績という3つの面で線引きをすること。それには自律が必要だ。自分に関する努力は、仕事に対する努力と同じくらいに重要なのだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ