Close RECOMMEND

I write about food tech and science.

Getty Images

ファーストフードチェーン大手のマクドナルドは英国で、再使用可能なカップをホットドリンクの提供に試験的に導入する。同社はこのために、補充できる金属容器で食品や日用品を届ける廃棄物ゼロ企業ループ(Loop)と提携関係を結んだ。試験が始まるのは2021年だが、同社は既に取り組みの概要を発表した。

マクドナルドは報道発表で次のように述べている。

「この素晴らしい新たな提携関係により、顧客は少額の保証金を支払うことでループ製の耐久性があるカップを選び、容易に廃棄物を減らせるようになる。保証金は、英国マクドナルドの参加店舗にカップを返却することで返金される」

ループはカップを回収・洗浄し、店舗で再び使える状態にする。同社は、カップが厳格な基準に合うよう消毒されると説明した。

マクドナルドはさらに、次のように述べた。

「ループとの協業関係は、マクドナルドの清潔さと安全性の基準を満たすものだ。こうした基準の重要性は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により増すばかりだ、ループの洗浄システムはエコラボとの協業の下で科学的に確立されており、各容器は使用される前に毎回衛生的に洗浄されため使い捨て容器と同じくらい安全で清潔だ」

この取り組みは、より環境に優しいプロセスを店舗で導入しつつ包装廃棄物を削減する同社の現在進行中の取り組みの一環だ。マクドナルドは既に、リカップ(ReCup)プログラムを通してドイツでカップの再利用を試してきた。同プログラムでは、ホットドリンクは陶器で、冷たいドリンクはグラスのマグで提供され、容器は返却できる。また顧客は、自分のカップを店舗に持ち込んで飲み物を補充してもらうこともできる。

英国で試験導入を行う大きな理由の一つは、2021年に欧州連合(EU)で使い捨てプラスチックの利用が禁止されることだ。同社は、新たな規制を順守するためにさまざまな方法を試している。

同社はベルリンで以前、多くの使い捨て製品を代替物で置き換えるプラスチックゼロ実験を行った。

マクドナルドは「調味料の袋や容器を食べられるワッフルでできたカップで置き換え、プラスチックストローの代わりに紙のストローを使い、プラスチックではなく木材でできたナイフやフォーク、スプーンを活用して、ハンバーガーは紙ではなく草でできた包装紙で包むようにした。また、チキンマックナゲットは厚紙容器ではなく、紙袋で提供した」と述べている。

使い捨てプラスチック製品禁止の動きが広がることで、マクドナルドなどのレストランでは廃棄物削減のためのさまざまな実験が続くだろう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ