Close RECOMMEND

JALならではの切り口で観光地や旅の楽しみ方を紹介するWebマガジン

飛行機に搭乗しなくても、空の醍醐味を味わう方法がある。たとえば成田空港近くにある農家レストラン「DINING PORT 御料鶴(ごりょうかく)」。国際線の機内食を再現したメニューや、門外不出で知られるJALの国際線ラウンジでご提供しているカレーを堪能できる。さらに、直営農場でのフルーツ狩り、バーベキューまで利用できる。JALが手掛ける農家レストランを紹介しよう。

周辺地域と連携し、農業で人とのつながりを深めるためのレストラン


成田空港からクルマで10分ほど。知らなければ通り過ぎてしまうかもしれない。のどかな田園風景に静かに溶け込むように佇む「DINING PORT 御料鶴(ごりょうかく)」。ここはJALが民家を改装し運営するレストランだ。撮影に訪れたこの日は平日だったが、連日、開店直後からほぼ満席になる。

GORYOKAKU入口

周辺地域と連携し、農業で人とのつながりを深めるためのレストラン


GORYOKAKU建物

成田空港が開港して約50年。JALが長年にわたってお世話になってきた成田の土地に恩返しがしたいという思いを込めて、お店を作った。一般のご自宅を買い受けてリノベーションを実施。ガラスや曲線を多用し、空港ラウンジを手掛けたデザイナー監修のもと、居心地のよさを大切にしている。

店内の様子

「JALならではの遊び心を加えています。皿やコップなどは機内で使っているものを利用しています。コンテナも、空港で使用されなくなったものをリフトとトラックを使って、私が持ってきました。実は手作りの要素が多いお店なんです」

運営担当の奥間さん

運営しているJAL Agriport・管理部長の奥間良浩はこう振り返る。地域との連携を図り、インバウンドも見据えたサービスを提供するJALのグループ会社だ。

地元の食材を活かしたメニューや、人気の“ラウンジカレー”も


「社長の鎌形晶夫はこの地の出身なのです。千葉の特長を活かしたものをご提供したいという思いがありました。ですから産地は成田のものを中心に、でも単に地元だけじゃなく、千葉全体の食材を集めてご提供しています」

地産地消をもっとも味わえるメニューは「御料鶴小鉢御膳」(2,000円・税込)。イタリアンで修業を積んだシェフが腕によりを掛けた看板メニューだ。

看板料理の小鉢御前

御料鶴小鉢御膳には小鉢が並ぶ。この日は、鰻のオムレツ、水郷鶏のバンバンジーや九十九里伝統のなめろう、菜の花豚の一口カツ どら豆ソースなど6品で、いずれも洋食のエッセンスが感じられる作品。またたっぷり添えられたフレッシュな野菜たちは彩りの役割のみならず、瑞々しさが口のなかで踊る。

JAL特製のカレーも

そしてJALの国際線ラウンジで提供されている「JAL特製オリジナルビーフカレー」(1,500円・税抜)も大好評のメニュー。濃厚で奥深い食材とスパイスが絡み合う欧風カレーは、多くのお客さまに愛されてきた伝統の味。添えられた玉ねぎのローストも名脇役。ゆっくり、じっくりと火を入れて甘みを引き出し、ほろりと柔らかい仕上がり。玉ねぎが苦手なお子さまにも召し上がっていただけることだろう。

「このカレーは、鎌形の強い思いから実現したものです。鎌形はもともと客室乗務員で、その後機内食全般を担当。ソムリエの資格も持っており、JALのなかでも食に精通しています。このカレーはラウンジ以外では滅多に提供されないのですが、今回やっとご提供することができました」

文=OnTrip JAL

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ