Close RECOMMEND
<Forbes JAPAN定期購読会員の皆様へ> 決済システム変更にかかる決済情報再登録のお願い

エディター、ライター



左)ダイヤルがオープンワークになっているので、ムーブメントを見ることができる。オーデマ ピゲは、複雑機構などの技術の高さを語られることが多いが、仕上げも超一流。美しく磨かれた部品一つひとつが美しく、芸術的な造形となっている。右)「ダブル バランスホイール」は、約5年の歳月をかけ、2010年にオーデマ ピゲが開発した世界初の機構である。21600振動のロービート設計によって作られているのも特徴だ。

AUDEMARS PIGUET Royal Oak Double Balance Wheel Openworked

ロイヤル オークから2016年に発売されたモデル。特許技術である「ダブル バランスホイール」が搭載されている。これは2つのテンプとヒゲゼンマイが同軸上にセットされることで、優れた精度と安定性を保証するというもの。非常に複雑な工程が必要で、高い技術力を持つオーデマ ピゲだからこそ実現した機構だ。ダイヤルがスケルトン仕様になっているため、美しいムーブメントの動きを確認できる。

ムーブメント|
自動巻き Cal.3132
ケース素材|ステンレススティール
ケース径|41mm
価格|5350000円(税抜き)
問い合わせ|オーデマ ピゲ ジャパン(03-6830-0000)


小林 圭◎1977年長野県生まれ。99年に渡仏し、フランス地方料理を学ぶ。2003年からはアラン・デュカスのレストランで働き、5年にわたりスーシェフを務める。11年、パリに「レストラン・ケイ」をオープン。12年にはミシュラン一つ星を、20年には三つ星を獲得。

【Forbes WATCH & JEWELRY】で時計の記事をもっと見る>>

text by Ryoji Fukutome | edit by Tsuzumi Aoyama

WATCH & JEWELRY
VOL.130

筋金入りの英国通が選ぶ「実用的かつお洒落」...

VOL.132

ウィズコロナの時計界動向 オンオフ問わず楽...

PICK UP

あなたにおすすめ