Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、8月3週目の“注目のトピック“として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

ispace


調達額:30億円
調達先:インキュベイトファンド / スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー / 高砂熱学工業 / 三井住友海上火災保険
備考:シリーズBラウンド / インキュベイトファンドはIF SPV 1号投資事業組合、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーは宇宙フロンティアファンドを通じて出資

民間による月面資源開発に取り組む、日本発の宇宙スタートアップ。

”人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ”をビジョンに掲げ、現在は日本、ルクセンブルク、アメリカの3拠点で活動している。

同社は、日本初民間開発の月着陸船による月面探査プログラム「HAKUTO-R」を発表し、独自のランダーとローバーを開発するとともに、2022年3月に月面着陸、2023年には月面探査ミッションを予定している。打ち上げにはSpaceXのFalcon 9を使用する予定だ。

2020年8月にはインキュベイトファンドをリード・インベスターとし、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、高砂熱学工業株式会社、三井住友海上火災保険株式会社を引受先としたシリーズBラウンドによる第三者割当増資を実施。

現在までで総額約135億5000万円を調達し、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」の2021年内での組み立て、2022年の打ち上げを目指して開発を進めている。

BitStar


調達額:6億4800万円
調達先:ABCドリームベンチャーズ / コロプラネクスト / セガサミーホールディングス / 丸井グループ / 電通グループ
備考:他個人投資家を含む

インフルエンサーマーケティング事業や、インフルエンサーを軸とした新たなコンテンツ産業を創出するスタートアップ。

同社が運営する主なサービスは、クリエイタープロダクション「BitStar」、コンテンツスタジオ「BitStar Studio」、インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」など多岐にわたる。

これらのサービスを通し、クリエイターや新たなインターネット発のスター、スターコンテンツの創出を手掛けている。2020年4月にはコーポレート・サービスの名称、ロゴを一新し、新たなステージへの一歩を踏み出した。

2020年8月には電通グループ、丸井グループ、フォーイット、SKIYAKI、ビーマップ、セガサミーホールディングス、コロプラネクスト、ABCドリームベンチャーズ、その他個人投資家を引受先に第三者割当増資を実施。金融機関からの融資もあわせて約10億円の資金調達に至った。

また、今回の出資に合わせ、BitStarは電通パブリックリレーションズとソーシャルブランディング領域において業務提携も実施している。

今回の資金調達により、大手事業会社との戦略的協業を開始し、タグラインの実現、およびコンテンツ産業におけるメガベンチャーを目指すべく、引き続き事業を推進していく。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ