I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Photo by Camila Camacho on Unsplash

あなたは今年の夏、もう公式に休みを取っているだろうか? 米国では政府の指針として旅行をしないよう求められているが、リラックスして充電するための時間を取ることは止められていない。それでもあなたは、新型コロナウイルス関連のレイオフ(一時解雇)を心配したり、在宅勤務中に非公式に休みを取ったりしているかもしれない。

休暇を取ることで、仕事を一時中断する機会が持てる。公式に休みを取ることで、あなたが勤務していないことを誰もが知ることができ、働いていることを期待されない。成功を収める人は、他者があなたに、あるいはあなたが自分自身に対して持つ期待により、仕事に関連したストレスの多くが引き起こされていると理解している。

やるべきことや勤務時間、迅速なメールへの返信への他者からの期待について考えるとストレスを抱えてしまう。ここでは、公式に休みを取得し、この夏確実に充電期間を持てるようにする3つのステップを紹介する。

1. 会社の休暇の方針を理解する

何が許されているかを理解していれば、休暇を安心して取れるだろう。会社は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)を受けて休暇の方針に変更を加えているかもしれないため、会社の経営陣から受け取る連絡事項を確実に読むこと。会社の方針マニュアルも細かい部分まで読む。どれくらいの期間休暇が許されているかを明確にしておこう。

2. 今年末までと夏の間に取りたい休暇日数を決める

休んでいる間に何をしたいかを考えよう。1週間山の中に宿を借りる、キャンプに行く、キャンピングカーでロードトリップに出掛ける、家でリラックスするなど、今年の夏は何をしたいだろうか? 秋や冬にしたいことはあるだろうか?

休暇を使い切ってしまうことを不安に感じるようであれば、全部使い切らないでよい。それでも少し休暇を取る方が、全く休まないよりはよい。上司は、燃え尽き症候群を防ぐためにあなたが休みを取ることを望むだろう。上司があなたの最善のパフォーマンスを引き出せなければ、上司の成績や会社の業績も伸びない。企業の良さは、従業員が効果的に働いているかどうかによって決まる。

3. 必要な場合、休暇に関する懸念を上司に伝える

休暇の方針は、従業員が利用するためにあるもので、従業員が人生の計画を立て自律性を持てるようにするためのよりどころとしてできている。あなたのメリットとなることを目的として作られた方針を使うことに罪悪感を持つべきではない。(休暇が「従業員の福利厚生」と呼ばれるのもこのためだ)

それでも、仕事で休みを取りたいがそうすることにストレスを感じている場合、上司に相談することを考えよう。「来月1週間の休みを取りたいのですが、パンデミック中の現在の経済的プレッシャーが心配です。現時点で、会社にとって最も良い選択肢は何でしょうか? チームが変わらず生産的・効率的に働けるようにするため、私には何ができますか?」と尋ねてもよい。

充電のための時間を取ることは、どのような状況下でも重要だ。会社の休暇の方針を理解し、どれくらいの日数休みたいかを特定し、必要であれば上司に懸念を共有しよう。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ