I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Morsa Images / Getty Images

新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)は企業に大損害を与えてきた。一部の企業はこれまで、閉鎖されたり遠隔勤務に移行したり、限界まで追いやられたりしてきた。

企業は、パンデミックにより働き方の変革を迫られている。成功する企業は、従業員がこうした変化を管理する上で積極的な役割を果たしている企業だ。ここでは、新型コロナウイルスが流行するこの時期に従業員として会社を支援できる5つの方法を紹介する。

1. 政府の指針を守る


在宅勤務を行い、テーブルや机が少なくとも約2メートル離れているようにし、マスクを着けること。

会社に生き延びてほしいのであれば、ビジネス活動が確実に継続し売り上げが入り続けるようにするためステップを踏む必要がある。そのためには、自分自身や同僚、顧客の健康を維持する必要があるので、政府が制定した指針に従おう。

2. コスト削減の方法を見極める


新型コロナウイルスにより、人々や企業の出費は抑えられている。生き延びることは人間の本能で、生き残りモードになると資金繰りに影響が生じる可能性がある。あなたが働く企業が経済的打撃を受けている場合、生き残りのためにはコスト削減が必要だ。

リーダーシップを示すため、資金を節約できそうな方法を提案しよう。自分の役割や仕事を考慮し、どのように小さな額であっても安全性と品質を犠牲にせずにコストを減らせると考えられる分野について考えよう。リーダーは仕事をするだけでなく、その裏の金銭的な要素も認識するものだ。

3. 生産性を上げる方法を見つける


生産性を上げれば、コストを削減できる。普段よりも多くのものを同じ時間で生産することができれば、同じ時間枠でさらに多くの利益を上げることができる。

冗長なステップがあるだろうか? そのプロセスは自動化できるだろうか? 共通の技術プラットフォームの使用を最適化できるだろうか? 1人が2つの作業をすることでプロセスを合理化できるだろうか? これは変化の瞬間だ。この瞬間を使い、より効率的に行える部分がないかを自問し実現可能な選択肢を特定することで、これまでいつも採用されてきた方法を踏襲しなければいけない理由について疑問を持とう。

状況に応じては、効率性が上がると思えるプロセスを試す上で許可が必要になるかもしれない。プロジェクトの実施方法を自分で完全に制御できる場合は待たないこと。会社がよりうまく機能できる解決策が分かっていると思える場合は時間を無駄にしないことだ。

翻訳・編集=出田静

VOL.504

コロナ感染抑制に有効とされるマスク、種類で...

VOL.506

入店時の検査でコロナ感染の有無確認 NYのレ...

PICK UP

あなたにおすすめ