Close RECOMMEND

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.

Westend61/Getty Images

重要な面接や進捗確認ミーティングなどに臨む前は、非常に大きなストレスを感じる。不安は対面式面談の方が大きくなることが多いが、画面の小さなウィンドウに自分の姿が映るZoomやFaceTimeでもそうした恐怖感が生じることもある。

私はスピーチと方言の専門家であるサマラ・ベイに、バーチャル会議に向けて体のコンディションを整える方法を聞いた。ベイは、ガル・ガドット、ペネロペ・クルス、レイチェル・マクアダムスら人気ハリウッド女優を指導しているほか、ポッドキャスト番組『Permission to Speak』の司会者兼プロデューサーも務めている。同番組は、重要な場面での上手なコミュニケーション方法や、話し方による印象の変化をテーマにしている。

ベイは「会議の数時間前から、呼吸と身体のウオーミングアップの組み合わせを使うこと」とアドバイスする。具体的には、ストレッチ運動を勧めている。慣れていればヨガから始めても良いし、上半身を地面に向けてのばしてほぐすだけでも良い。

次に、呼吸に意識を向けよう。鼻から深く息を吸い込んで口から吐く深呼吸を何度か繰り返す。こうすることでリラックスでき、腰や上半身を広げられる。呼吸法をマスターすることは、良いペースで自信を持って話す上でとても重要だ。

その他にストレッチしておくべき部位として、唇、あご、舌がある。これらは緊張しやすい部位だ。両手であごをマッサージして、声を出す(まずは長いハミングから始めるとよい)。舌を突き出したまま10まで数え、最後にあくびをしてリラックスさせる。身体は一つ一つの部位が繋がったものであり、こうした場所をストレッチすることで全体的な効果的を生むことが目的だ。

会議の前に効果的なもうひとつの準備は、ボイスメモアプリに向けていらいらを吐き出すこと。「友だちの不快な発言や、夫がそばでものを食べる音など、何でも良いので腹立たしいと感じたことを思い浮かべ、それについての愚痴をとめどなく吐き出して録音しよう」とベイはアドバイスする。これはネガティブな感情を吐き出すための良い方法だ。この解放のプロセスが、ビデオ会議に集中して積極的に臨む準備になる。

いずれの方法も効果がない場合は、会議直前の数分間音楽を聴いてみよう。立ち上がってダンスできればなおよい。体を動かせるだけでなく、呼吸や声がリラックスし、個性を出しやすくなったり、頭の回転が早くなったりする。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ