Close RECOMMEND

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.

Jasmin Merdan by gettyimages

世界のリーダーらは今、ZoomやSlackなどのツールの助けを借りて、従業員とのつながりを保とうと奮闘している。オンラインでチームの関係性を強め、チームの士気や日々の生産性を高く維持する強力な職場文化を保持する方法はある。管理職は以前にも増して、従業員と真のつながりを築くための楽しく独創的な方法を見出す必要がある。

テクノロジーが現実の体験を完全に補完できないのは事実だ。しかし皆が遠隔勤務をしている状態でも、同僚と楽しい時を過ごすことはできる。以下に、いくつかのアイデアを紹介しよう。

1. オンライン飲み会を企画する


各自が飲み物を準備して、Zoomを通じて集合する。まずは緊張をほぐすため、それぞれに何を飲んでいるか、どうやって作ったかを聞いてみよう。さらに、それぞれの好みの飲み物を尋ねてみる。互いの意外な共通点を見つけられることだろう。

オンライン飲み会は、バーの体験を再現するとともに、その日の仕事の終わりを正式に示す良い方法となる。

2. よりクリエイティブなブレインストーミングをする


これは私が気に入っているチーム会議だ。間違ってはいけないとか、たくさん発言しなければならないというプレッシャーがなくなり、形式もよりカジュアルで、誰かがテーマをひとつ挙げ、参加者はそれに対してアイデアを自由に出し合う。アイデアは必ずしも実行に移す必要はない。参加は強制せず、オープンなスペースでただクリエイティブなやり取りをしよう。Zoomでの開催とは違う形になるが、チャットなどの機能を利用して会話を続けることもできる。

こうしたクリエイティブなブレインストーミングは、チームが必要とする和やかな場を提供し、ストレスを軽減してくれる。

3. ビデオ通話で個別面談をする


率直に何でも打ち明けられる場を設けることで、部下は上司から気遣いやサポートを受けていると感じられる。1対1の対話の方法を、より親密さを感じられるビデオ通話に変えてみよう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ