Close RECOMMEND

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.

Jasmin Merdan/GettyImages

新型コロナウイルス感染症により外出禁止令が出される国や地域もあり、その中でバーチャルなネットワーキング(人脈作り)がコネ作りの基準となった。大半の人が自宅にこもる中、大多数のイベントではインターネット上で人を集めるため、迅速にデジタルプラットフォームに適応してきた。

今では、ズームの電話に参加してチャットの部分に連絡先を残すなど、数回クリックするだけで新たに人に出会うことができる。ネット上のスペースを活用することで関係構築は容易になったものの、人に接触する上ではいまだに直接ネットワーキングを行うのが鉄則だ。

例えば、会議で全く知らない講演者らに歩み寄り、名刺を渡したりしないだろう。相手の名前を覚え、ネットで相手について調査をし、意義のある会話のきっかけを用意して話しかけるはずだ。

社会的状況ではいつもそうであるように、準備が大きな効果を発揮する。ここでは、バーチャルイベントを最大限に活かす4つの方法を紹介する。

1. グーグルやリンクトインを使って調査する


イベントに登録したらすぐに議題を確認し、会話を交わしたい講演者の名前を書き出そう。グーグルやリンクトイン、その他のソーシャルネットワークで名前を検索し、共通点を探したりこれまで相手が取り組んできたことについて学んだりする。最も顕著な情報をメモし、それをどのようにして話に取り込めるかを考える。やるべき調査を事前にこなしておくことで、相手はあなたから話しかけられても居心地悪く感じることがなく、あなたの話を聞くことに受容的になる。

2. 発言の準備をしておく


調査とイベントのテーマを考慮すれば、講演者とどのように交流するかについて考えが浮かぶはずだ。相手に考えさせたり、何かを感じさせたりするような思慮深い質問を用意することで、相手の関心を簡単に得ることができる。話すポイントと、イベントのすぐ後で共有する具体的なフィードバックを用意しておくこと。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ