Close RECOMMEND

for Startups,Inc.運営のSTARTUP DB編集部による連載


sustenキャピタル・マネジメント


調達額:3億円
調達先:東京理科大学イノベーション・キャピタル

最先端の機関投資家が実践する高品質な分散投資を、スマホから手軽に始められるサービスの提供を目指しているスタートアップ。

これまで"分散投資"をうたうファンドやサービスは多くあったが、本質的な分散投資を実現できるものは機関投資家や超富裕層ばかりにアクセスが許され、個人投資家にはほとんど提供されていない。

同社は最先端の機関投資家が利用する水準の資産運用を、スマホから手軽に始められるようにサービスを開発。

同サービスにおいて、すべての運用の意思決定は科学的プロセスを経るため、事前のリサーチ、統計的テストを経て承認された計量モデルでの運用を行い、人間の場当たり的で近視眼的な投資行動や、認知バイアスを排除する。

そのため他のアクティブ型投資信託よりも低コストで、パッシブ型・インデックス投資よりも、費用控除後のリターンが高い運用が可能になる。

2020年6月には、東京理科大学ベンチャーファンドを引受先とした、第三者割当増資による3億円の資金調達を完了。

調達した資金は、2020年中にローンチ予定のサービスの開発・運営に使用し、日本及び世界の資産運用業界の発展に貢献していく方針だ。

Leaner Technologies


調達額:3億円
調達先:Coral Capital / インキュベイトファンド
備考:プレシリーズAラウンド

2019年に誕生したコスト削減分析を行うクラウド型ソフトウェアを提供するスタートアップ。

代表取締役の大平氏は慶應義塾大学在学中、2社の創業メンバーに参画した経験を持ち、2016年にA.T. Kearneyに新卒入社し、最速でアソシエイトに就任する。企業のコスト感度への低さを感じ、創業に至る。

Leaner Technologiesは企業のコスト削減を支援する事業を行なっている。

「Leaner」は国内初のコスト管理に特化したクラウド型SaaSであり、2020年5月現在はβ版が公開されている。

同サービスは4つの機能から大半が成り立っており、それらはKPI管理・Leaner Scoreによるコスト削減推奨機能・コスト削減手順の提示と実施・削減効果を評価と実施する機能である。

同社は間接材調達に関するビッグデータ分析をサービスを通して行なっていることが同サービスを実現可能にしてる強みである。

2020年6月には、プレシリーズAラウンドでインキュベイトファンド、Coral Capitalを引受先とした第三者割当増資による3億円の資金調達を実施。

調達した資金はプロダクト開発・人材採用を中心に投資する予定。またマーケティング活動への投資も強化し、顧客基盤を拡大していく方針だ。

文=STARTUP DB

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ