I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Photo by Humphrey Muleba on Unsplash

新型コロナウイルスは、キャリアを含め人々の生活に破壊的な影響を与えてきた。人々は失業したり仕事が減ったり、在宅勤務に適応しようとしたりしている。

一部の国では感染数がピークを過ぎているが、専門家は今年秋から冬に第2波が来る可能性があり、そのときにはさらに深刻な状況になるかもしれないと警鐘を鳴らしている。また専門家らによると、ウイルスは2年間続く可能性が高い。

これまであまり影響を受けていなかった人でも、危機から脱したわけではない。自分の仕事やスキル、キャリアが新たな日常にどのように合うかを考える必要があるからだ。政府や企業が災害計画を立てるように、あなたも新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)などの世界的危機の中でどのように生活を守り、適応させていけるかを考える必要がある。

ここでは、あなた自身やキャリアを危機から守るためにできる7つのことを紹介する。

1. 良い仕事をする


今は、仕事で手を抜くべきときではない。危機的状況の中で他にすべきこともあるかもしれないが、質の高い仕事を行い、上司に良い印象を与え続けるため、今までと同じ量の時間と労力を費やそう。質の高い仕事をすることで仕事を維持し、不安定な時期でも同じレベルの安心感を維持することができる。

2. 行う仕事の種類を広げる


キャリアを投資として考えよう。専門家は、経済的安全を確保するためには投資を多様化すべきだと述べている。同じことをキャリアにも応用し、キャリアの多様化を図ろう。全てを一つのものに投じていたら、それが古くなったときには失業したり、自分のスキルに見合ったレベル以下の仕事に就くことになったりするかもしれない。

他チームや部署の同僚の取り組みを支援することに関心を示し、機能横断的な仕事に触れよう。他のスキルや知識を使うことができる副プロジェクトに参加すること。こうした機会により、キャリアを移行したり転向したりすることができ、選択肢を持てるようになるかもしれない。

3. チームと危機管理計画を立てる


第2の手段を記録に残そう。同僚と、遠隔勤務のときにはどのようにプロジェクトを進めるかを決めておく。業者の事業が影響を受けていたとしたら、どのように対応するだろうか? リーダーは、問題が起きる前にそれを予測するものだ。

4. ネットワーキング(人脈作り)を継続する


将来のキャリアの見通しを立てるためにネットワークを活用する必要がある場合に備え、連絡が取れるようにしておくこと。コネがある人と近況報告をしておく。リンクトインを検索エンジンとして使い、興味深い仕事をしている人を探す。それから電話かインターネットのビデオ会議ツールを使って会話をしよう。

翻訳・編集=出田静

VOL.415

15億人超が暮らすアフリカと南米、新型コロナ...

VOL.417

ポケモンGO売上は1週間で25億円、コロナ後に70...

PICK UP

あなたにおすすめ