Close RECOMMEND

.

Photo by IgorGolovniov / Shutterstock.com

中国のEコマースプラットフォーム「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」の創業者でCEOのコリン・ファンは4月20日の株式市場で、世界で最も保有資産を増大させた人物となった。これは、彼が率いる拼多多が中国最大規模の家電小売企業に出資するとのニュースが報じられたためだ。

ニューヨークのナスダック市場に上場する拼多多の株価は20日、12.7%の上昇となり、史上最高値の50.11ドルで取引を終えた。現在40歳のファンの保有資産は29億ドル増加し、260億ドル(約2.8兆円)に達した。

かつてグーグルのエンジニアだった彼の資産は翌21日には250億ドルまで減少したが、現在もフォーブスのビリオネアランキングにおいて中国3位の富豪にランクインし、世界では35位につけている。

北京本拠の家電小売企業「ゴメ・リテール(国美零售)」は4月19日、転換社債の発行を通じ拼多多から2億ドルを調達し、戦略的パートナーシップを締結するとアナウンスした。この報せを受けて、ゴメ・リテールの株価も20日の香港市場で16%の上昇となった。

2015年設立の拼多多の時価総額は20日時点で580億ドルに達しており、わずか数年で中国最大のEコマース企業の1社に成長した。同社にはセコイア・キャピタル・チャイナが出資しており、取締役会にはセコイア・キャピタル・チャイナ創業者のニール・シェンが参加している。

ニール・シェンは先日、フォーブスが発表した世界トップのベンチャー投資家100人リスト「ミダス・リスト」で1位に選出されていた。

現在のファンの保有資産250億ドルは、グーグルの共同創業者のラリー・ペイジ(559億ドル)やセルゲイ・ブリン(539億ドル)には及ばないものの、元グーグルCEOのエリック・シュミット(142億ドル)を上回っている。

今回、拼多多が出資したゴメ・リテールは1987年の創業の企業だが、2007年以降に時価総額を95%減少させており、現在の時価総額は24億ドルとなっている。ゴメ・リテールを創業したWong Kwong Yuはインサイダー取引と贈賄で有罪判決を受け、現在は服役中だ。

拼多多とゴメ・リテールの提携は両社のメリットとなる。拼多多はオフラインのサービスを強化し、ゴメ・リテールが運営するソーシャルEコマースも新規の顧客を呼び込める。

中国は米国に次いで、世界で2番目にビリオネアが多い国となっている。新型コロナウイルスのパンデミックが広がる中においても、中国では今年に入り複数のIPOから新たなビリオネアが生まれている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ