Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

デザイン=高田尚弥

Forbes JAPAN Webでは、国内外の時事ニュースを独自の切り口で報道する記事や課題解決を模索する企画を強化するため、記事執筆を担うライターを募集します。メディア経験者、フリーライターをはじめ、ジャーナリストやメディアを志す学生も歓迎します。

◾️職務内容
・時事ニュースの記事、分析記事などの執筆、編集補助等
・ニュース発の連載企画の立案、運用

◾️応募資格等

(優遇されるスキル)

・政治経済、社会問題等の分野でのライター・編集業務経験。
・英語力

(求めるマインドセット)
・知的好奇心が旺盛である
・職務遂行に真摯である
・Forbes JAPANの「ポジティブジャーナリズム」に共感する方

◾️勤務時間
・週3日以上、10~19時の間でシフト制
 ※土日祝日は休み
 ※業務委託の場合は、勤務時間は応相談

◾️雇用形態
・アルバイト|業務委託
 ※記事単位での受注が可能なフリーライターも歓迎。組織や団体に所属している書き手も歓迎します

◾️給与、原稿料
・応相談
・交通費支給

◾️応募方法
メール recruiting@linkties.comまで下記の書類をいただくか、こちらのGoogleフォーム よりご応募ください。

 ・履歴書(必須)
 ・志望動機、Forbes JAPAN Webで執筆したい分野や題材(必須)
 ・これまで手がけた記事や企画等

※ 書類審査を通過された方のみ直接ご連絡させていただき、担当者との面接を行います。
※ 書類審査の合否に関するお問い合わせは受け付けておりませんので、予めご了承ください。
※ 応募書類のご返却は致しかねますので、予めご了承ください。

◾️勤務地
 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布一丁目ビル2F
 リンクタイズ株式会社

◾️Forbes JAPANが求める「書き手」のあり方

世界40ヶ国で展開するグローバルビジネス誌「Forbes」の日本版として、2014年6月に創刊したForbes JAPAN。世界のビジネスの動きや地方発の新たな取り組み、注目すべき人のストーリーなど、記事を毎日配信しており、グローバルからローカルの話題まで幅広くカバーしています。

Forbes JAPANが掲げる「ポジティブジャーナリズム」では、先を見通し、独自の視点で課題に対して創造的な解決法を探ります。ゴシップニュースは扱いません。事実に基づき、ライターが取材を通じて「考える」プロセスを重視しています。また記事をどのように発信するのが効果的か、自社ウェブだけでなくソーシャルメディア上での展開についても、前向きに考えられる仲間を募集します。

(記事の参考例)
ヘンリー王子夫妻引退表明。メーガン妃の「アクティビスト」としての一面とは
川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ「国外出身者」に絞られるのか
香港デモ、「分散ネットワーク型」が奏功して長期化へ|#揺れる香港
森達也「表現の不自由」問題を斬る。なぜ自粛が広がり、炎上するのか
世界からも注目された #令和 フィーバーを振り返る。なぜ「バズった」のか

PICK UP

あなたにおすすめ