I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Getty Images

求人をかけている管理職は面接官を務める際にすることは、質問に対するあなたの直接の答えを聞くだけではない。面接官が直接尋ねることなく見極めている重要なポイントはいくつかある。面接官ははっきりとは質問せずとも、面接を通じて次に挙げる3つの点の答えを出そうとしている。

1. 自社の文化に合致するか

候補者が評価される基準はもはや、才能とスキルに限られない。傑出した才能がある人やスキルがある人でも、会社の文化には合わないかもしれない。求人をかけている管理職は、チームの一部としてだけでなく、会社の一部として適切な人材を求めている。

この点を最も効果的に示すには、面接で自分らしさを保つこと。相手を喜ばせるために別の人格を装えば、それは偽りの自分となる。こう考えてほしい。面接の時と同じ別人格の仮面をかぶって毎日仕事に行くようになれば、最終的には不幸せになり不満が募るだけだ。

2. どんなソフトスキルを持っているか

ソフトスキルは、現代の求人市場で非常に価値があるものだ。技術的なスキルは学ぶことができるものの、ソフトスキルはより内在的なもので、教えることが難しい。求人をかけている管理職は、面接の間中あなたのソフトスキルを評価している。管理職らは、質問に対する答えだけでなく、身振りや癖、全体的な気質を注視することでこの点を評価している。

リンクトインによると、需要が高いソフトスキルは時間管理、適応性、協調性、説得力、独創性だ。リンクトインが挙げていないものの同様に重要な性質に、共感力と誠実さがある。いずれも教えることができないスキルだ。質問に答える際にはできる限り、こうしたスキルを回答に含めてアピールしよう。例えば、こうしたソフトスキルが仕事で成功を収める上でどのように役立ったか、達成事項にどう貢献したかを説明すること。

3. 学習意欲があるか

職場が信じられないほど急激なペースで変化する中、学習の意欲と能力は非常に需要が高いスキルだ。学習意欲を持つことは、自分と転職先企業の両方にとってメリットとなる。自分の側では、学習と自己開発により仕事で常に挑戦を重ねていると感じることができ、仕事で行き詰まりを感じない。また企業側から見ると、時代の流れに乗り競争力を維持する従業員を持つことができる。

学習意欲を見せるには、直接それに言及すればよい。ただし、「自分には学習意欲がある」というような直接的な言い方をするのではなく、自己改善のためのどのような学習をしたのかを話すこと。新たなスキルを自分から率先して学び目標を達成できた経験や、課題に挑戦することがいかに好きであるかを話す。大きな達成事項について尋ねられたときに、こうしたことを答えに盛り込もう。

求人をかけている管理職はこうした質問を直接尋ねるわけではないため、他の質問に答えながらこの点をアピールできるかどうかはあなたにかかっている。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい