Close RECOMMEND

I cover side hustles, millennial career trends and entrepreneurship.


・企業の成長速度を調べる

最高の仕事は、成長の機会を提供してくれる企業で働くことだ。企業が健全な速度で成長していれば、従業員も良い成長機会を与えられている可能性が高い。その会社からの内定を承諾することで、すぐさま成長する機会が得られる。

また、その企業の現在の従業員のリンクトインプロフィールを確認し、昇進の速度を見てみよう。そうすれば、昇進と長期的なキャリアの成長に関する感覚がつかめるはずだ。これらは、会社の価値観を反映したものだ。

・面接中に企業文化について尋ねる

採用プロセスでは面接が最も恐れられることが多い。フルタイムの求人での第1面接はなおさらだ。面接では、面接官の質問にきちんと答えることが重要である一方、その仕事に関して質問をすることも同じくらい重要だ。そうすることで、求めている情報を得ることができるだけでなく、その企業に関心を持っていることを示すことができる。

面接のプロセスが進み内定に近づいているなら、将来の上司となる人に質問をしてみよう。将来の上司は、自分の部下の典型的な職場体験について最も良く分かっている人物だ。管理職はチームのリーダーであるだけでなく、企業文化の担い手であり、毎日の従業員体験で重要な役割を担っている。

・他の仕事に応募して比較する

「全ての卵を一つのかごに入れるな」ということわざがあるが、これは就職活動にも言えることだ。「興味を持っている仕事の内定を承諾する前に、他の企業が提示しているものを福利厚生や給与の面から見てみよう。標準的な福利厚生だけでなく、従業員の食事プランや大学の学費援助、ペット保険などの福利厚生を提供している企業も多い」とゼハビは語る。複数の仕事に応募し、(内定を受けた場合に)異なる福利厚生プランを比較することで、最終的に決めた仕事が自分に最も合っていると確信を持てる。

・現社員と会う

志望企業の従業員と会うのに、正式な採用面接まで待つ必要はない。勇気を出して現社員に連絡し、その企業のことや従業員としての体験についてより深く知るためにお茶に誘おう。面接官ではない従業員に話を聞くことは、体系化された面接以外の場で、企業の実際の勤務環境についての第三者の視点を得る素晴らしい方法だ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい