Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」


「ホンダeみたいなかわいくて、後輪駆動のコンパクト車で、しかも価格も手頃だと、買っても良いと思います」と言うヨーロッパ人が多いが、そのデザインを見ると、わかる気がする。

ホンダ・シビックのようなエッジがない代わりに、ホンダeは小さくてシンプルで丸っこい。「何かテディベアみたいにハグしたくなる」と言う人もいる。「リーフには惹かれないけど、このホンダなら買っても良いのかな」と語る人もいる。納車時期は欧州だと来年の春、日本だと来年の夏以降という。

さて、ホンダeがついに市販目前まで出来上がったということで、多くの国際メディアから最近聞かれるようになったのは、「よーし、ホンダeはできた。ではスポーツEVはいつ出してくれるのか?」という声だ。やはり、ホンダがつい最近オーストリアのF1戦で優勝したので、ホンダの次世代スポーツカーにますます期待が高まるではないだろうか。



正直にいうと、2017年の東京モーターショーで発表されたホンダ・スポーツEVコンセプトもかなりかわいいデザインになっていたので、そっちへの期待度はホンダeよりも高い可能性がある。

僕はこのコラムで良く触れているけど、EVを作るなら、テスラのような美しいデザインにするか、ホンダeみたいなかわいいスタイリングにするか、そこは避けて通れないポイントだ。欧州でのホンダeに乗っても良いという2万2000人の期待と趣向はけっして無視できないはずだ。

連載:国際モータージャーナリスト、ピーターライオンの連載
「ライオンのひと吠え」過去記事はこちら>>

文=ピーター・ライオン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい