I cover the ever-entertaining entertainment industry.

テイラー・スウィフト Gettyimages

フォーブスは7月10日、2019年度版「世界で最も稼ぐセレブ100(Celebrity 100)」を公開した。首位に立ったのは、過去12ヶ月間で1億8500万ドル(約200億円)を稼ぎ出したテイラー・スウィフトだ。

スウィフトは2016年にも1億7000万ドルを稼いで1位に立っており、今年は再び首位の座に返り咲いた。今年ランキング入りを果たした他の女性ミュージシャンの顔ぶれはビヨンセ(20位:8100万ドル)、アリアナ・グランデ(62位:4800万ドル)、ジェニファー・ロペス(76位:4300万ドル)、レディ・ガガ(90位:3950万ドル)、セリーヌ・ディオン(100位:3750万ドル)らだった。


アリアナ・グランデ GettyImages

毎年、100人のスターの年収を公開する本ランキングでは、多くの女性スターが上位に並んだが、女性は16人のみだった。女性の少なさの原因は、エンタメ業界の男女の賃金格差にある。

16人の女性セレブのうち、半分以上はミュージシャンだった。男女の格差は特に映画業界において大きく、今年ランキング入りを果たした映画スター12人のうち、女性はわずか2人だった。

最も稼いだ女優はマーベル映画「アベンジャーズ」シリーズで注目を集めた、スカーレット・ヨハンソン(47位:5600万ドル)だった。また、テレビドラマ「モダン・ファミリー」で活躍中のソフィア・ベルガラ(76位:4300万ドル)もランク入りを果たした。


スカーレット・ヨハンソン by gettyimages

ベルガラは「モダン・ファミリー」で1話あたり55万ドルの収入を得ているが、家具チェーンのRooms to Goや、ウォルマートが展開するジーンズなどへの名義貸しからも報酬を得ている。

「彼女が一番好きなのは演技だが、ベルガラはそれだけでは十分に稼げないことを知っており、起業家精神を発揮するようになった」と、ベルガラのエージェンシーの担当者は述べた。


カイリー・ジェンナー GettyImagese

2位のカイリー・ジェンナー(1億7000万ドル)や、26位のキム・カーダシアン・ウェスト(7200万ドル)らも自身のコスメブランドから多額の収入を得ている。また、36位のリアーナ(6200万ドル)も人気のコスメブランドFenty Beautyを、LVMHと共同保有している。

他にランク入りを果たした女性セレブには、テレビ司会者のエレン・デジェネレス(22位:8050万ドル)や、作家のJ・K・ローリング(13位:9200万ドル)らがいる。

下記に2019年度版「世界で最も稼ぐセレブ」ランキングのトップ10を掲載する。

1. テイラー・スウィフト
シンガー/ 1億8500万ドル

2. カイリー・ジェンナー
リアリティスター/ 1億7000万ドル

3. カニエ・ウェスト
ラッパー/ 1億5000万ドル

4. リオネル・メッシ
サッカー選手/ 1億2700万ドル

5. エド・シーラン
シンガー/ 1億1100万ドル

6. クリスティアーノ・ロナウド
サッカー選手/ 1億900万ドル

7. ネイマール
サッカー選手/ 1億500万ドル

8. イーグルス
ロックバンド/ 1億ドル

9. フィル・マクグロウ
TVパーソナリティ/ 9500万ドル

10. サウル・アルバレス
プロボクサー/ 9400万ドル

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい