Close RECOMMEND

深センのリアルなキャリア事情

「Tuya Smart」の創業者兼COOのAlex Yang氏(左)

突然だが、私は映画「アベンチャーズ」のなかでは、アイアンマンのファンだ。なかでも、アイアンマンことトニー・スタークを助ける、優しい秘書ロボットのような存在がいてくれたら……と考えていたが、まさか、そんな世界が実現するなどとは思いもしなかった。

そんな夢の世界が本当に実現するのだと確信に変わったのは、AI+IoTのプラットフォームのパイオニアである「Tuya Smart(ツヤスマート)」という企業に出会ってからだ。彼らは、杭州と「人才中心都市」深センを繋ぎ、世界を舞台に新たな挑戦を展開している。

AI+IoTとは、単に生活が便利になるだけの技術ではない。Tuya Smartが目指しているのはその先にある「モノが人の心に寄り添い、ともにより良い社会を創っていく」という新しい未来だ。

Tuya Smartは、2014年にアリババ出身の創業者たちによって杭州で誕生し、既に世界200カ国でビジネスを展開している。本社は杭州と米国に置かれ、中国、ヨーロッパ、インド、(ソフトバンクと提携して)日本でも展開。今年は本格的拠点が日本に設立された。世界計8拠点のスタッフは1100人を超えている。

同社の特徴は、AIとIoTの技術を融合させ、すべてを取り巻くプラットフォームを形成していること。全世界の電化製品に対応可能で、3万種類あるモジュールを付ければ、即座にスマート家電となる。そして、1つのアプリケーションで操作が可能だ。

そのためのクラウド、各種プロダクト、カスタマーサービス、サプライチェーン、ロジスティックに至るまで完備され、どの工程においても世界中のサプライヤーと提携が可能だ。このような柔軟性の高い総合的モデルは他に例をみない。

AI+IoT市場は20年間成長し続ける

そのTuya Smartが開催するカンファレンスに参加した。「新たな市場を開拓するための新技術」というテーマで、世界中から深センに集まったゲストは5000人以上。政府関係者、ヨーロッパ、米国、南米、インド、韓国、そして日本からもソフトバンクや共同で家電を製造しているメーカーのトップが、メインゲストとして参加していた。



このカンファレンスで、Tuya Smart創業者の1人で、COOでもあるAlex Yangさんの単独取材が叶った。米国人ディレクターのスピーチも素敵だが、Yangさんの英語でのプレゼンテーションも、聴衆を魅了するほど素晴らしかった。

Yangさんによれば、AI+IoT市場は急速に伸びており、2年後には彼らのユーザー数も100万人に達し、売上は1兆円を超えると推測している。しかも、まだまだ未開拓な分野でもあり、今後20年間は成長し続ける市場だと予測されているという。

まもなく日本でもスタートする5Gは、4Gの100倍以上の速さになる。その時には、AI+IoT×全ての電化製品×5Gの相乗効果で、新しい未来が始まるという。そのために膨大な数の技術革新に取り組んでいるが、彼らが実現しようとしている社会に紐づけながら、具体例を伝えておきたい。

文=藤井 薫

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい