Close RECOMMEND

フォーブス ジャパン編集部 エディター

(左)Basecamp共同経営パートナーの広野萌 (右)Basecampの共同代表であり、新たにdelyのCXOに就任した坪田朋

ひとつの組織に属しながら、別の会社のCXO(チーフ・エクスペリエンス・オフィサー)を務める──そうした動きを耳にすることが少しずつ聞こえるようになってきた。例えば、THE GUILDの深津貴之は「note」などのサービスを運営するピースオブケイクのCXOを務め、同じくTHE GUILDの安藤剛はYAMAPのCXOを務めている。

それに続く形で、新たにCXO就任のニュースが飛び込んできた。昨日、レシピ動画サービス「クラシル」を運営するdelyは、デザインファーム「Basecamp」を今月中をめどに完全子会社化する予定であることを発表した。子会社化に伴い、Basecamp CEOの坪田朋がdelyのCXO兼新執行役員に就任する。

この発表に併せて、Basecampの経営体制も変更。引き続き、坪田が代表を務めるが、元FOLIO CDOの広野萌が共同経営パートナーに就任。今後、Basecampはギルド集団のような組織形態を目指しながら、引き続き、独立運営は続けていくという。

1年半前にBasecamp立ち上げ、スタートアップの事業創出を支援してきた坪田。なぜ、このタイミングでdelyの子会社になる決断を下したのか。そして、今後も運営を続けるBasecampではどんなことを目指しているのか。坪田と広野に話を聞いた。

ネクスト・ユニコーンのサービスに関わりたい、と思っていた

「最初は会社ごとdelyに入る考えはなかったんですけどね」と子会社化の経緯について語り始める坪田。まずは坪田に対して「delyにジョインしないか?」と打診があった。

「個人的にdelyには興味はありました。食・生活という暮らし領域はずっとやってみたいと思っていましたし、昔から次のユニコーンを狙える企業のサービスに関わりたい、と思っていて。delyは日本のスタートアップでユニコーンを狙える会社のひとつなので、すごく面白そうだと感じていました」(坪田)

文=新國翔大、写真=帆足宗洋

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい