I write life and career advice for twentysomething women.


4. 電話をかける

友人や家族と直接または電話で話すことで、携帯のメッセージや電子メールを交換するよりも深いつながりが生まれる。親しい友達や家族としばらく話したり会ったりしていないことに気づいたら、電話したり直接会う約束をしたりすれば、自分は一人だと感じることが少なくなる。

5. スクリーンタイムを減らす

ソーシャルメディアや出会い系アプリでのつながり、あるいは携帯でのメッセージ交換でさえもを意義あるコミュニケーションだと勘違いしている人は多い。これらは手っ取り早いものの、表面的なコミュニケーション方法だ。携帯やコンピューター、テレビといった画面の前で費やす時間を制限し、外に出て人と会おう。そうすれば心身の健康が向上するし、孤独感も緩和される。

6. ペットを飼うことを考える

米心理学誌サイコロジー・トゥデーに掲載された調査によれば、ペットと一緒に生活している人の方が、一人で生活している人よりもネガティブな気分や孤独を感じることが少なく、精神的な健康が向上するという。孤独に感じていて、動物が好きなら、動物保護施設から犬か猫を引き取ることを考えよう。

7. これは永遠ではないと理解する

今のあなたの状態や気持ちが永遠に続くわけではないことを覚えておこう。物事は良い方向に変わることができるし、きっとそうなる。孤独感を緩和し、より幸せで充実した生活を送るために毎日できること、実践できるステップはある。状況は変わり得ることを理解し、これが永遠に続くとは思わないこと。

8. 助けを求める

全ての手段を使い尽くしたと感じるなら、専門家に助けを求めよう。一人で闘う必要はない。家族や友人、セラピストに相談し、孤独感を克服しよう。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい