Close RECOMMEND

I write about travel, culture, food & drink in France and the UK.

Yuttana Jaowattana / shutterstock.com

休暇を使って、今まで言ったことがない場所に行くと同時に、自分自身について今まで知らなかったことを発見したい? そんな人がまさに自分を見つける旅に出ることが、民泊サイト大手エアビーアンドビーとDNA検査キット「23アンドミー(23andMe)」との提携により可能になった。

人々はインスタグラムに感化されて究極の経験を求める一方、「本物らしさ」をより重視するようになった。

23アンドミーは、自宅でできるDNA検査キットだ。この名前は人間の細胞が持つ23対の染色体にちなんだもので、このキットを使えば自分の祖先や、特定の病気を発症しやすいかどうかなどの遺伝的特徴を知ることができる。

エアビーアンドビーが先月発表した23アンドミーとの提携により、検査を受けた人は自分のルーツである場所、そしてそうした土地で可能な体験について知ることができる。こうした旅により、自分の祖先に近づけるかもしれない。エアビーアンドビーは「メキシコにルーツを持つ人は、自分の先祖を知る旅の一環として、メキシコ市で古代から続く天然染料の技を学ぶ体験を見つけられるかもしれない」と説明している。

エアビーアンドビーによる今回の発表は、旅行が変化していることを示すほんの一例だ。こうした変化のけん引役となっているのが、旅行に休息とリラックスではなく体験を求めるミレニアル世代だ。また、海外旅行で自分の祖先について知る「ヘリテージ・トラベル」もこのトレンドの大きな一部となっている。

美食ツアーやフィットネスに重点を置いた宿泊も一般的になっており、施設内にフリークライミング用の壁があるホテルや、その人だけのウェルネス休暇を注文販売するしゃれたスタートアップも今では普通だ。

多くの旅行会社や代理店の間では、2000年頃に成人を迎え始めたミレニアル世代のニーズに対する注目が高まっている。旅行情報サイト「フロマーズ(Frommer’s)」によると、若年層は前の世代と違って常にインターネットにつながっている必要があり、ユニークな場所での滞在・活動を求めているという。

これは大手ホテルブランド離れにつながっており、大手ホテルの多くはブランドの再構築を進め、比較的小さく「ローカル」な選択肢を提供している。ヒルトン傘下の小規模高級ホテル「キャノピー(Canopy)」やハイアット傘下の「セントリック(Centric)」などでは、ホテルでの滞在が地元の知識とノウハウと共に提供されている。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい