国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

ホンダ フィット

アメリカのトランプ大統領が繰り広げる中国との関税戦争によって、同国の消費者に高額の負担がかかると言われている。大統領は絶対に中国との交渉に勝つ言い張っているが、失敗したら、今度は次期選挙を睨んで日本車に関税を引き上げるだろうと懸念する経済評論家もいる。それは大きな問題だ。

というのは、どう見ても、アメリカは日本車の最大の市場だから。アメリカがくしゃみをすると、日本が風邪はひくというのは本当みたいだ。

アメリカにおいて、日本車はどのセグメントでも高い評価を得ている。USニューズという有力専門サイトによると、日本車は各種ランキングで首位を争っている。例えば、小型車部門とハッチバック部門ではホンダ・フィットが、スポーツカー部門ではマツダ・ロードスターが、ハイブリッド部門ではトヨタ・カムリ・ハイブリッドが、それぞれ1位に君臨している。

さて、これらの評価はどのように決定されているのか? USニューズでは、自動車評論家による試乗記の評価と、第三者の安全性と信頼性のデーターに基づいて、各部門の最も優れた新車を選定する。各車の性能、走り、加速性、ブレーキ性能、乗り心地など評論家の評価は、新聞、専門誌や有力ウェブサイトから収集すると同時に、高速道路交通安全事業団が調べる各車の安全性の結果と、JDパワーによる信頼性のリザルトを合わせて評価する。

この結果を見たとき、「あ〜、なるほど。それはそうでしょうね」と頷いた。これらの日本車は昔からずっと1位をキープしてきているか、トップに挑戦しているかだ。総合的に評価するこのリポートで目立つのは、ホンダが強いことだ。フィットが2部門で1位を獲得し、アコード・ハイブリッドも2部門で2位。トヨタも、アバロンが1位を制するハイブリッド部門では強いし、中型高級車部門でもレクサスLCが3位に入っている。

ただ、各部門のランキングを細かく分析すると、意外なことに気づく。日本にいてはイマイチ実感がわかないけれど、このところ韓国車が日本車に勝つ部門が出てきている。

例えば、マツダ・アクセラが2位のコンパクトカー部門では、キア・フォルテという車種が1位を獲得しているし、大型車部門では、キア・カデンツァがトヨタ・アバロン・ハイブリッドを抑えて1位をゲット。ほとんどどの部門でも必ずと言っていいほどトップ3にランクインされ、無視できない存在になっている。


キア・フォルテ(Steve Lagreca / Shutterstock.com)

何がそんなに評価されているかというと、どんどん良くなってきている信頼性や安全性、コストパフォーマンス、それに優れたデザイン性だ。

僕は、毎年アメリカに取材に行くたびに最近の韓国車に乗ってみるけど、できとデザイン性がとにかくいい。正直にいうと、走り、乗り心地、信頼性、安全性は日本車と並び、デザインとコストパフォーマンスでは日本車より一歩先んじている感じがする。

例えば、昨年乗ったジェネシスG70と2年前に試乗したキア・スティンガーの格好いいデザイン、完成度や走行性能には驚いた。また、LAの大試乗会で乗った超小型部門の1位のヒュンダイ・コナも同様に優れていて、スバルXV(同部門4位)やマツダCX-3(同5位)よりもアメリカの消費者に好かれているので、この結果には納得できる。

デザイン性と走りが向上したのは、ヒュンダイ・キア・グループが10年前に雇ったドイツのデザイン巨匠、ピーター・シュレイヤー氏と、BMWから引き抜いたM部門のトップエンジニアのアルバートビアマン氏の2人だ。すごい戦力だと思うけど、日本のカーメーカーはそういうことをしないから、デザインや技術の面でキャッチアップされている。

今年や来年は、日本車が引き続き首位を争うだろうけど、再来年からはなんとかしないと、韓国車が日本車を超えてくる可能性があると感じている。10年前に日本から撤退したヒュンダイは、今年10月に開催される東京モーターショーで最新の水素電気自動車やEV車を戦略車として再び日本市場に挑戦をかけようとしている。日本のカーメーカーさんには、最近の韓国車をぜひチェックしてみて欲しい。

文=ピーター・ライオン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい