Close RECOMMEND

I cover career advancement, career change, and entrepreneurship.


2. 自分の総合的な強みを強調する

年齢差は問題ではなく、強みにさえなるかもしれない。上記の求職者の場合、応募していた職務は新たな消費者金融商品に関するもので、50歳を超えていたこの求職者は若いチームよりも多くの市場サイクルを見ていた。これは、商品を構築する上で価値ある視点となる。彼女はまた、年齢が高い人口集団とより多くのつながりがあったため、顧客マーケティングにとっては強みとなる。

人材を必要とする管理職やチームメンバーが持つ経験・スキル・専門性により、他にも相乗効果があるかもしれない。年齢は一つの要素でしかない。先ほどの50歳を超える求職者は、長い間コンサルタントとして働いていたため、確実性のない新たな状況に飛び込むことに慣れていた。この経験は、この新商品の導入段階では特に役立つだろう。

3. 自分自身の懸念を拭い去る

この求職者が、人材を必要とする管理職やチームが年齢差をどう思うかについて懸念している理由は、実は彼女自身が年齢差を気にしていることにあるのではないかと思う。自分よりもはるかに若い上司に報告することや、はるかに若いチームの中で働くことについてどう感じるだろうか? もし居心地悪く感じるとしたら、年齢差ではなくその居心地の悪さで面接が台無しになるかもしれない。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい