世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

自分にしかできない何かに熱中し、思考し、行動することで世界を変える原動力を生んでいる若い才能が集結したら、きっと何か新しい価値が生まれるのではないか。

普段は混じり合うことのない才能を集結させて、化学反応をおこしたい。そんな想いから、Forbes JAPANでは昨年、各分野で活躍する30歳未満の30人を選出する「30 UNDER 30 JAPAN」を初開催。起業家やアーティスト、科学者やスポーツ選手など、自分の個性、クリエイティビティを存分に発揮し、グローバルな視点を持ち活躍する30歳未満を選出した。
 
「30 UNDER 30」とは、米フォーブスが2011年よりスタートし、毎年ビジネスやアート、サイエンス、スポーツなどあらゆるジャンルにおいて、各界を代表する「30歳未満の30人」を選出する名物企画である。
 
30 UNDER 30 JAPAN 2019 候補者を大募集
 


今年も昨年に引き続き、「30 UNDER 30 JAPAN 2019」の開催が決定!

今回は「30 UNDER 30 JAPAN」初の試みとなる、候補者の一般公募を開始。決して知名度だけではない、各界で実力を持った30歳未満の方々をより広く募集するためだ。

受賞部門を昨年の5部門から10部門に拡大し、より広い分野で活躍するUNDER30を紹介する予定。

受賞者たちを選出するアドバイザリーボードには、ディー・エヌ・エー代表取締役会長の南場智子氏や、モデルの冨永愛氏、柔道オリンピック3連覇の記録を持つ野村忠宏氏など豪華な顔ぶれが揃う。

公募の受付は本日から開始。昨年の「30 UNDER 30 JAPAN 2018」受賞者には、世界最大級の音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル 2019」に出演したスーパーオーガニズムの野口オロノ氏をはじめ、先日発表された「30 Under 30 Asia 2019」にも選出されたレストラン「kabi」シェフの安田翔平氏など、今をときめく30歳未満が受賞。
 


他にも、料理レシピ動画サービス「クラシル」を運営するdely代表取締役の堀江裕介氏や、「身体融合技術」の研究を行う西田惇氏、難民支援活動などを通じて「カラフルなセカイをつくる」ことを掲げるNPO法人WELgee代表の渡部清花氏など、受賞者には多彩な顔ぶれが揃った。昨年の様子はこちら>>

日本の若い才能が集結する「30 UNDER 30 JAPAN」コミュニティへの仲間入り、そして「30 UNDER 30 Asia」選出の可能性など、海外へ活躍の場を広げるチャンス。

自薦・他薦は不問。立候補、推薦ともに募集する。以下の概要をご確認の上、「30 UNDER 30 JAPAN 2019」へぜひご参加を!

【募集概要】※募集は締め切りました
◎受賞候補 対象者
・2019年8月24日時点で、30歳未満の方
・国内外で活動する日本人や、日本に所縁があり日本を拠点に活躍している方など「日本代表」を名乗れる方
・ビジネスのみならず、アート、サイエンス、スポーツなど分野を問わず秀でた才能を持ち、グローバルな視点での取り組みをされている方
・2019年7月中にForbes JAPANの取材を受けていただける方(自薦の場合)
 
◎応募方法
・自薦・他薦ともにこちらのページ内下部のフォームよりご応募ください
 
◎選考フロー
公募(5月6日まで) → 30 UNDER 30 JAPANアドバイザリーボードおよびForbes JAPAN編集部による審査(5月中旬)→ 受賞者発表(8月下旬)
 
◎締め切り
2019年5月6日(月)
 
◎注意事項
・他薦の場合、推薦はお一人様3名までとさせていただきます
・立候補者、ならびにご推薦いただいた方の「30 UNDER 30 JAPAN 2019」選出のお約束はできかねます
・選考結果のご連絡は、「30 UNDER 30 JAPAN 2019」へ選出された場合のみとさせていただきます(自薦の場合はご本人、他薦の場合は推薦者)
・取材を受けていただけない場合は、別の方を選出させていただきます

文=Forbes JAPAN編集部

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい