-

TTstudio / Shutterstock.com

フォーブスの2019年版「世界の富豪ランキング(World’s Billionaires List)」には、2153人の10億ドル以上の資産を持つ人々が掲載されたが、その多くは各国の大都市に居住している。

世界のビリオネアの551人の居住地は、上位の10都市に集中している。ここでは、ビリオネア数が世界最大の10都市ランキングを掲載する。

世界トップの都市はニューヨークで、84名のビリオネアの総資産は4697億ドル(約52兆円)に達し、オーストリアのGDPを超えている。米国最大の都市で、2つの世界最大の株式取引所を持つニューヨークは、5年連続でビリオネア数が世界最多の都市となった。

2014年時点では85人のビリオネアを擁するモスクワが世界1位だったが、現在は3位まで順位を下げている。

国ごとでいうと、中国は上位10都市に3都市を送り込み、北京(4位)、上海(6位)、深セン(8位)で暮らすビリオネアの数は合計145人に達している。3都市のビリオネアの数は昨年から減少したが、中国全土のビリオネアに占める割合は45%となっている。この比率は、中国の都市への人口集中が加速する中で、さらに高まっていきそうだ。

10位圏内に入った都市は昨年と同じだが、順位には変動が見られた。最も順位をあげたサンフランシスコは10位から7位に上昇し、ビリオネア数は8人増加した。新たに加わったのは「コインベース」の共同創業者のブライアン・アームストロングや、「リーバイ・ストラウス」の筆頭株主のMimi Haasらだ。

インドのムンバイは8人のビリオネアを失い、昨年の7位から今年は10位になった。製薬会社の「Alkem Laboratories」の株価は約20%の下落となり、Samprada SinghやBasudeo Singhらはランキングから消えた。

下記に世界のビリオネア数が最多の都市ランキングを、各都市で最も裕福な人物名とその関連企業名、資産額とともに掲載する。

10. ムンバイ:37名
ムケシュ・アンバニ(リライアンス・インダストリーズ会長):500億ドル(約5.6兆円)

9. ソウル:38名
李健熙(サムスン電子会長):169億ドル

8. 深セン:39名
ポニー・マー(テンセントCEO):388億ドル

7. サンフランシスコ:42名
ダスティン・モスコヴィッツ(フェイスブック共同創業者):111億ドル

6. 上海:45名
黄峥、Colin Huan(拼多多、Pinduoduo創業者):135億ドル

5. ロンドン:55名
ミハイル・フリードマン(アリファ銀行頭取):150億ドル

4. 北京:61名
王健林(ワンダグループ会長):226億ドル

3. モスクワ:71名
レオニード・ミケルソン(ノヴァテクCEO):240億ドル

2. 香港:79名
李嘉誠(CKハチソンホールディングス創立者):317億ドル

1. ニューヨーク:84名
マイケル・ブルームバーグ(ブルームバーグ創業者):555億ドル

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい