世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版



アストンマーティン・ラゴンダが将来のEVセダンの提案として出展した「ラゴンダ・オールテレイン・コンセプト」


メルセデス・ベンツがVクラスをEV化した「EQV」


戦前の高級車イスパノスイザの名を復活させたEVスポーツ「カルメン」は750kW(1019ps)の電気モーターを2基後輪用に搭載


着座位置はスポーツカーなみに低い「フラットフロア・アーキテクチャ」を持つEVスポーツのアウディ「e-tron GT concept」

文=小川フミオ 編集=青山鼓

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい