Buys, holds, and hopes

Faizal Ramli / Shutterstock.com

動画ストリーミングサービスの米ネットフリックスは、2013年に初のオリジナル・ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を公開して以来、オリジナル作品を最も重要なコンテンツと位置づけてきた。

だが、米調査会社7パーク・データによると、ネットフリックスが配信しているコンテンツの63%は、コンテンツ使用許諾契約を結んだ他社の作品だ。同社の方針から考えれば、このデータに驚く人もいるかもしれない。

オリジナル・コンテンツに数十億ドルを費やしているネットフリックスは依然として、「ジ・オフィス」「フレンズ」「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」などの古いドラマシリーズに大きく依存している。

レガシーメディアが独自のストリーミングサービスを開始するためにこれらの番組のライセンス供与をやめれば、各社の競争が激化すると同時に、消費者にとってのネットフリックスの価値は大幅に失われるかもしれない。

他社コンテンツの価値

ネットフリックスのテッド・サランドス最高コンテンツ責任者によれば、同社は何年も前から、配信契約を結んだコンテンツを失った場合に備えてきた。

それでも、オリジナル・コンテンツに力を入れる同社の方針は、他社の番組への依存から抜け出すことにつながっていない。昨年11月に同社のストリーミングサービスで最も視聴された番組の1~4位までのうち、3番組が上記のドラマだった。

ネットフリックスは年内の「フレンズ」の配信のため、1億ドル(約111億3800万円)を支払ったと伝えられている。前回の契約料は3000万ドルだったとことから、契約延長のために3倍以上を支出したことになる。

だが、ネットフリックスにとっては残念なことに、同社が永遠に「フレンズ」の配信を続けることはできないだろう。この作品を所有するワーナーメディア(現在はAT&Tの子会社)は今年、ストリーミングサービスを開始する予定だ。

「グレイズ・アナトミー」を所有するウォルト・ディズニーも今年、同サービスに参入する。NBCユニバーサルも2020年には独自のサービスを開始する計画だ。それまでには、「ジ・オフィス」のライセンス供与を中止するだろう。

ユーザーの視聴時間に大きな割合を占める人気番組を失うことになれば、ネットフリックスはどうなるだろうか。

編集=木内涼子 文=David Trainer

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい