.


参加者はビール2.5パイントと、ワインを大きなグラス4つ分与えられた。これは、ほとんどの国の指針で健康な水準として推奨される量をはるかに超えている。

「倫理委員会は当初この調査について非常に懐疑的だったが、最終的には合意した。私たちは参加者が自分の意思で飲む以上の量を与えていないし、参加者は医学的な監督指導さえ受ける。全員がボランティアとして志願し、健康的で若く、自分の意思でこれくらいの量は飲んでいた」(ヘンゼル)

研究のテーマは楽しげなものだが、調査は綿密に設計された。参加者は全員、全く同じタイプのラガービールと白ワインを飲んだ。飲酒が完了した後は、各自の体重に対し相対的に測定した量の水を与えられ、その後は医学的監視の下で研究所で眠った。

国際的なアルコール二日酔い研究グループ(AHRG)の設立者である、ユトレヒト大学ユトレヒト薬学機関のヨリス・フェアステル准教授は「これは、アルコールの影響について広く信じられている格言を検証するためにうまく設計された、興味深い研究だ。ビールとワインは飲んでいる最中に胃や消化管で混ざるため、飲む順番が翌日の二日酔いに影響する可能性が少ないことは予想できたことだ」と述べた。

調査そのものは面白いが、二日酔いは少なくとも一部、私たちを助けるためにあるのかもしれないとヘンゼルは考えている。

「二日酔いは不快だが、少なくとも一つ重要なメリットがあることを覚えておかなければならない。それは、二日酔いが私たちを保護する警告としてこれまで長期にわたり、人間の将来の行動を変える助けとして確かに機能してきたことで、それがこれからも続くことだ。二日酔いは、私たちが過ちから学ぶよう助けてくれるものだ」(ヘンゼル)

重要なのは、二日酔いが伝えようとしていることに私たちが耳を傾けているかどうかだ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい