世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


「SkyBallでは、テクノロジーや自分の思想を総動員してスポーツ業界を新たなステージに導くことに挑戦してきました。しかし、既存のものを改善するだけでなく、既存のアセットをうまく使って新たな産業をつくるのがスタートアップの仕事だと思うようになったんです。スポーツチームの資産を活用して、新たな産業であり、エンタメとしてeスポーツを盛り上げるLPEは、まさにそれです」

アカツキは今回のPELの子会社化と同時に、SkyBallも子会社化。それに伴い、熊谷も運営に従事することとなった。アカツキの社員数はグローバルで約300人だが、LPE事業のメンバーは20人程度。創業メンバーにはFCバルセロナでのデジタルマーケティング経験者を迎え入れるなど、まさに少数精鋭のチーム構成だ。

モバイルゲームの印象が強いアカツキだが、アウトドアレジャーの予約サイト「そとあそび」やMRの卓球アクティビティ「PONG!PONG!」など、エンターテインメント事業を幅広く展開している。

事業を手がける中で徹底してきたのは、暴力的な要素を排除することだ。その根幹には「心がワクワクする活動こそが、世界を輝かせる」というビジョンがある。この思想はまさしく、チャビがLPEで実現したいことと同じ。両者の思想が一致したことで、今回の提携が決定した。

LPEがeスポーツにもたらすものとは

いまはスペインのサッカーリーグを中心に参加チームを集めるLPEだが、東京ヴェルディなど日本のチームや、バスケットボールなど他種目のスポーツチームにも声をかけている。自信のほどを尋ねると、「彼らが気持ちよく戦える環境をつくらなければならないからね」とチャビ。

しかし、取材中に通訳をしてくれたトメウ氏は、「本人は謙遜していますが、チャビが主体となってプレゼンしたプロジェクトは、約1500のプロジェクトの中からFCバルセロナに選ばれました。プランの将来性、確実性が認められたんです。彼はクラブスタッフが求めていることがわかっている」と教えてくれた。

実際、すでにインドのクリケットチームなどさまざまなクラブとの話が進行しているという。日々集まる世界的チームとの交渉に、熊谷も期待を隠せない。

「プロ野球チームとプロサッカークラブの対戦など、これまで絶対に実現し得なかったカードが、eスポーツの世界で実現するかもしれませんね」


チャビ・コルテス・トゥビオ◎PEL社CEO(最高経営責任者)。20年にわたり、アナリスト、ジャーナリストとしてゲーム界に従事。世界的スポーツチームのeスポーツリーグ参入を支援する会社を設立。18年にPEL社を創業。

熊谷祐二◎アカツキ事業開発部ゼネラルマネージャー、PEL社CSO(最高戦略責任者)。これまでiemoなど3社の創業に携わってきたシリアルアントレプレナーでもある。15年に創業したSkyBallが18年8月にアカツキの子会社に伴い、現職。

文=野口直希 写真=小田駿一

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい