Close RECOMMEND

I write about Indian entrepreneurs.

Dmytro Zinkevych / Shutterstock.com

ヒマラヤ山脈のヤクと牛のミルクから作った、手作りの愛犬用のおやつ──インドのバンガロール本拠のスタートアップ「Khanal Foods」が販売するのは、そんなペットフードだ。

看板商品のDogsee Chewの販売を3年前に開始したKhanal Foodは、既に黒字化を果たし、2018年の売上は300万ドル(約3億3000万円)近くに達した。同社の創業者でCEOのBhupendra Khanalはネパール出身の連続起業家で、ヒマラヤ山脈をトレッキングしている時に起業のアイデアを思いついた。

「Dogsee Chewというブランドの知名度を世界のペット業界に広め、ナチュラルでヘルシーなペットフードのみを販売する、初めてのインド企業にしたいと思った。天然素材にこだわることはとても重要だ。ペットを愛する人は、化学物質が含まれた食品を避けたがる」

Khanalがターゲットとするのは、850億ドル規模といわれる世界のペットフード業界だ。彼は今後の5年以内にIPOを視野に入れている。ヤクと牛のミルクを原料とするDogsee Chewは、インドのバンガロールやムンバイ、デリーなどの大手ペットストアで販売中で、米国や英国、韓国やカナダ、スペインなどの13カ国に輸出している。

「Khanal Foodの製品はヘルシーでナチュラルで、様々な種類の犬に与えられる」と現在37歳のKhanalは話した。

彼がペットフード事業を思い立ったのは2015年のことだった。当時、ヒマラヤを旅しながらビジネスのアイデアを練っていたKhanalは、ある村に立ち寄ったとき、現地の人々が作るチーズをスモークしたおやつの存在を知った。そのおやつは犬に盗まれてしまうことが多い、と村の人々は話していた。

自身も4歳のゴールデンリトリバーを飼っているKhanalによると、このドライチーズは現地で1000年以上も昔から伝わるレシピで作られ、高タンパクで長期間の保存に適し、犬に与えるのに理想的な硬さを持っている。

その後、2015年の9月にKhanalは会社を立ち上げて、数カ月後にはDogsee Chewの販売を開始。翌年には米国のFDA(食品医薬品局)の承認も取得した。インドのナショナル工科大学(NIT)でテクノロジーを学んだ彼によると、このプロダクトは保存料や着色料を一切含んでいないという。

ナチュラルへのこだわりが消費者に響く

Dogsee Chewは紫外線で殺菌消毒を施し、水分を抜いた後、スモークにかけ、天日で35日間乾燥させる工程を経て完成する。ペットフード業界は非常に競争が激しいが、彼は同社の売りであるナチュラルへのこだわりが、消費者に支持され続けると確信している。

インドのペットフード市場は比較的小さく、Khanal Foodsの売上の95%は海外市場からだという。Khanalはインドや英国、オランダで開催されるペットフードの見本市に出かけ、市場を拡大していった。

ネパールで薬局を営む父のもとで育ったKhanalは、2001年に大学に進むためインドにやってきた。卒業後はチェンナイやバンガロールのソフトウェア企業で働いた後、自身でコンサルタント企業を設立し、売却した。その後、2009年に設立したソーシャルメディアのアナリティクス企業Simplify360は現在、50名を雇用している。Khanalは現在、Simplify360の業務からは離れているが、同社の筆頭株主として役員会にも名を連ねている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい