I chronicle Africa's success stories and track its richest people

パトリス・モツェペ(Photo by Jemal Countess/Getty Images for Global Citizen Festival: Mandela 100)

南アフリカで最もリッチな黒人実業家として知られるパトリス・モツェペが、2億5000万ドル(約28億円)を、同国で進む黒人への土地再配分プログラムの支援のために寄付すると宣言した。

モツェペがこの宣言を行ったのは12月2日にヨハネスブルグで開催された、グローバルシチズンフェスティバルの会場だった。彼はこの資金で、地方都市の教育プログラムを整備し、土地を持たない国民たちのための土地再分配プログラムの導入を推進しようとしている。

「私たちは人々に希望を与えたい。都市から離れた場所に住む黒人たちを助けるために、この国のリーダーらは力をあわせるべきだ。モツェペファミリーは土地再分配プログラムのために2億5000万ドルを寄付する」と彼は、9万4000名の聴衆らに語りかけた。

グローバルシチズンフェスティバルは、ネルソン・マンデラの生誕100周年を記念して実施され、ビヨンセ&ジェイZ夫妻や、エド・シーラン、フェミ・クティらがパフォーマンスを行った。

また、カナダ首相のジャスティン・トルドーもこのイベントの開催に合わせ、5000万ドルを教育基金のEduCannotWaitに寄付すると宣言した。ビル・ゲイツ夫妻も1700万ドルを、熱帯病(Neglected Tropical Diseases)の根絶に向けて寄付した。

パトリス・モツェペは資源鉱山会社「アフリカン・レインボー・ミネラルズ」の創業者で、フォーブスの推定で彼の資産額は20億ドル(約2260億円)とされている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい